Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年12月
ARCHIVE ≫ 2005年12月
      

≪ 前月 |  2005年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

年末ご挨拶

携帯からですが、今年のしめをば。

9月の終わりに始めたこのブログ。
気がつけばもう3ヶ月やってるんですねぇ。

最初は毎日更新にしようと思ってたけどあえなく挫折。
結局今は一日置きの更新に落ち着いていますね。

立ち上げるときは
「毎日書くネタあんのかなぁ?」
と思ってましたが
毎日ではないけどネタは十分です。

正直、こんなにバイト一色…というか
主任一色になるとは思ってもいませんでした。

ちょくちょくこのブログをチェックし、
コメントを入れてくれるネット上の友人の方々、大学の友達…
みんなみんなありがとう!
こんな主任の話しかないブログですが、来年もよろしくお願いしまーす!

追伸・年が明けたらまた主任のネタがたくさんです(笑)
スポンサーサイト

クリスマスプレゼント

じゃじゃーん!
主任からもらいましたよ、とっておきのクリスマスプレゼント!

そのエピソードを特別に公開!!

12月24日、土曜日。
研究室配属のための説明会があったので大学に行きました。
spicaの興味のある研究室は一番最初だったので即終了。
夕方からTT、古株Oさん、Gさんと
Gさん宅でパーティをする予定になっていたので
暇つぶしがてらに
タヌキの興味ある研究室まで説明を聞いていくことに。

タヌキの大好きなW教授が喋っているとき
spicaはTTにメールを書いていました。
と、その時
滅多に着信しないspicaの携帯が
電話がかかってきたことを高らかに告げました。

バイト先からです。

おぉぉぉ!!

主任からだ主任からだ!!!


慌てて会場を飛び出して電話に出ます。

受話器の向こうから聞こえる主任の声。

「もしもしspicaさん?
 あのさー、昨日作ってもらったデータさー
 2つあるけど
 どっちも同じのが保存されてたよ?」

・・・
・・・・・・
うそーん。。。
やってしまったようです。
3時間くらいかけて作ったデータがぁぁ~~!

「そっか・・・上書きしちゃったんだ。
 次来るの月曜だよね?じゃあその時作り直してね。
 それじゃぁ。」

主任からのプレゼント。それは

ミスの通知でした。

おかげでGさんの家に行くまでspicaは凹み続けたのでした。

まぁ、そのおかげでクリスマスに主任の声が聞けたし
いいとしますかー。

ちなみに・・・この話をspicaがパーティのとき
古株Oさんにしてしまったがために
主任は古株Oさんに
「何も電話するこたぁないじゃん!」
と怒られ、
月曜に出社したspicaに
「いや、あのさ、
 デスクトップとかに保存してないかなって
 思って電話したんだよ。。。」
と弁解していました。
ごめんね、主任。

忘年会!完結編

忘年会の次の日、
spicaは二日酔いと自己嫌悪に苛まれていました。

なんで二次会であんなにがばがば飲んじゃったんだろ?

思い出せば、横では1次会でくすねた酒を飲んだ主任が

「つよっ!この酒つよっ!!」

と騒いでいた気がします。(確か25度の酒でした)
そんな酒を水のようにがばがば飲みました、spica。
そりゃ酔うよな・・・。もともと酒に強くないし・・・。

二日酔いが大体よくなると、今度は不安が大きくなってきました。

飲みの席とはいえ、かなり失礼なことを言った気がする。
(記憶は完全に復元されてません・苦笑)
クビにならないかな・・・?
冷たくされないかな・・・?

タヌキに言うと
「あはは!やっちゃったねーぇ」

オオカミに言うと
「まじかー。まぁ大丈夫なんじゃね?」

・・・不安は募るばかり。

TTに言うと
「ん~。主任は大人だから大丈夫じゃないかな?
 そんなことじゃ怒らないよ、きっと。
 第一、あんた今までにもさんざん失礼なことしてるでしょ?
 それでクビになるんならとっくにクビになってるって


・・・なんか傷ついたけどちょっと希望が持てました。


かなりびくびくしながらバイトに行くと・・・

まったく普通でした♪

TTの言うとおり、主任は大人でした♪

むしろ今までより優しくなったんじゃないかという印象。
よかった~ほんとに。

嬉しくなったので
いつも以上にツッコミに気合が入ります。

この日働いたのはN君とspicaの二人。

主任がN君に用があって寄ってきました。

主任「N君!あれあれ!あれどこにある??」
N君「えっ・・・あれ、ですか・・・?(>_<)」
spica「わからんから!主任、年なんじゃないですかぁ?」
主任「spicaさん、まーた暴言吐くぅ」

大丈夫だ、再確認♪

主任は年なのではなく、疲れているのだ!と強く主張。
その主張を裏付けるかのように
帰り際にspicaとN君が主任に近寄っていくと
爽やかな笑顔で

「おはようございます!」

と言って場を和ませてくれたのでした。

忘年会!その3


クリスマスですね♪
このブログをお読みくださっている方に
spicaからプレゼントです☆

spicaの恥をさらしあげ!!
え?いらない??
そんなこと言わずに~!



(前回までの話を読んでない方は読んでからお読みください)

2次会はカラオケでした。
spicaは歌が上手じゃないのでちょっと不安・・・。
でも主任も行くらしいので行かないわけにはいかない。

予約してあった部屋に入ると結構狭い。
このとき
右隣・・・まだ話したことないH君
左隣・・・主任(奇跡!)

お酒は1次会のお店でくすねてきたらしく、
とりあえずコップが必要なので適当に頼む。

味の薄い焼酎が出てきた。。。

これを飲まないと次の飲み物はもらえないらしいので
とりあえず飲む。

・・・??意外と焼酎って飲みやすいのねぇ。

隣にいたH君も焼酎は苦手、と言いながらいい飲みっぷり。

ここで主任がトイレに立ち、隣は黒縁メガネが素敵なIさん(♂)に。
戻ってきた主任はIさんの向こうに座ります。
Iさんがspicaのリクエストを聞いて
ポルノグラフィティを歌ってくれたりして、テンション最高潮。

隣のH君はかなり酔っています。
spicaの方を向いて、突然

H君「あっ!主任!!!」

どうしたH君。私は主任じゃないぞ。

H君「違いますよ!主任がいるじゃないですか!年上で銀縁メガネ!!」

今さら?!

1次会の席で誰もが気づいてたのに今さら言うな~!

spica「だめですよ、主任は年上が好きらしいですよ」
H君「そーなんですか?・・・主任!年上が好きなんですか?!

ちょっと離れた席の主任を問い詰めます。

spica「聞かなくていいから!!それに、主任には彼女がいるし!」
H君「そーなんですか?・・・主任!彼女いるんですか?!」
spica「だから聞かなくていいですってば!!」

主任はてきと~に返事しています。

主任「(年上が好き?の問いに対して)
    いや、そんなことないよ~誰が言ったの?
    TT君?TTめ・・・。
    (彼女持ち?に対して)
    いないいない!・・・いや、いるいるいる!!」

しばらく隣にいたのはIさんだったのですが
なぜか古株Oさん(♀・ちょっと苦手)が

古株Oさん「I、ちょっとこっちに来な!」(怖いよ~!)

と言ってIさんをどけて、主任を隣にしてくれました。
ちょっと株があがりました(笑)


その後の記憶はなぜかあまり定かではありませんが・・・


調子にのったH君が主任の年収を聞いたときに

spica「主任!車は!!車はいつ買えるんですか?!?!」

と言ったとか言わないとか。
(ちなみに回答は
 「車っ?!・・・来年!」・・・かなり適当)

なみなみと注いだ焼酎を飲もうとしたときにH君に揺らされて
豪快に零し、主任とH君に鞄を拭いてもらったとか。

古株Oさんに「主任はもてるよ~」と言われ

spica「私、がんばってもだめですかね?!」

と言ったとか言わないとか。

また、
酔ったなぁ・・・と思ってぼーっとしてて

古株Oさん「大丈夫?・・・主任!ちゃんと見てあげないと!」
主任「大丈夫?spicaさん」
spica「なんですかそのとってつけたような言い方は!いいですよもう!」
主任「いや、最初からついてたよ!」

なんて会話をしたような、してないような・・・。


・・・
思い返してみたらかなり失礼なことを・・・。
次のバイト(月曜)が恐ろしい・・・。
主任、怒ってないだろうか・・・?
というかクビになれないだろうか・・・?

次回、いよいよ忘年会編完結!
spicaはクビになるのでしょうか?
乞うご期待!

忘年会!その2

(前回の記事を読んでない方は先にお読みください。)
9番の席は、なななんと!
主任の左隣でした☆
つくづく運がいい・・・・!

他に一緒の席なのは、バイトリーダーのT君(注・TTではない)
爽やか美男子Q君。

実はQ君は普段メガネをかけていないのに
この日だけかけていて、
spicaはそのことにいち早く気づいたけど
ネタとして使えるに違いないと思い
何も言わずに放置していたのでした。

  今こそ!ここで!!

spica「あれ~、Qさんってメガネかけてましたっけ?」
Q君「普段はコンタクトなんですけど最近目の調子が悪くって」
spica「いいですね、メガネ!私、メガネ好きなんですよ~!」

T君、Q君の視線が主任に注がれます。
メガネといえば主任。みんなそうなのでしょうか。
せっかくみんなが主任に注目してるので
主任の方を見てもう一度

「メガネ好きなんですよぉ~、ほんとに!」

と言ってみちゃったり。(かなりテンションあがってます)

Q君「じゃあ、のびたくんとか好きなんですか?」

のびたくんかよ!

spica「いや、のびたくんはちょっと・・・。
    知的なメガネがいいかなぁ・・・。」

主任「俺知的じゃないけどね、はは」

spica「そんなことないですよ!主任のメガネは知的ですよ!!」

主任「め、メガネね・・・。」

spica「いやいやいや、主任ももちろん知的でいらっしゃいますよ!」

そんな感じで絡みつつ、
気がつけば主任にビールを3杯くらい注いでもらっていました。
まさか断るわけにもいかないので飲む飲む。
ちょっといいお店だったので飲みやすかったんですよ、ビールが。

1次会も中盤になり、Gさんがドリンクのオーダーをとっていました。

spica「じゃあ私カシスアップルお願いします!」
Gさん「また~可愛いものを・・・」
主任「じゃあ俺はカシスグレープを」
Gさん「また~可愛いものを!!」

同感です。そんなキャラでしたか?

2人して可愛いものを飲みつつ、
Q君が年上の魔性の女が好きという話題に。
それに便乗して私も年上が好き~!なんて言っていると
オーダーストップの時間になりました。

メニューを見ながら主任が無言になっています。

spica「どうしたんですか?」
主任「カルーアミルクがないっ!!
    俺はカルーアでしめることにしてるのに!!」

そんなキャラだったようです。
かなり可愛いです、主任。

そんなわけで、1次会が終わる頃には
ビールと“可愛い飲み物”のせいで
ちょっとほろ酔いになっていたspicaでした・・・。

いざ、恐怖の二次会へ!!

忘年会!その1

先週の土曜はバイトの忘年会でした。
滅多にない、主任とお酒を飲む機会です。
忘年会をやると決まったときから
いや、むしろやるかも、となったときから
spicaはわくわく。

幹事のGさんはspicaより年上なのに
「Gさん!絶対、絶対主任は来るように手配してくださいね!!」
と半ば強制させるほどわくわく。

そんなこんなで迎えた忘年会。
主任に嫌われたら意味ないぞ!というわけで
“お酒は控えます宣言”を出し、気合十分。

1次会の始まり始まり~。
参加人数は15人。
(ただし主任はちょっぴり遅れてくるらしい)
結構多いので個室。
なのに・・・

なんで席が4人ずつに分かれてますか?!

心理的によくないね、こういうのは。
というわけでくじ引きを作り、席を決めることに。

spicaの席は・・・
年上のちょっとむさい男3人(全員文系)と合席。。。

え?何これ?
すごく肩身狭いよ??


ちなみにまだ来ていない主任の席は・・・

女の子2人+TTと合席。

ええええ~!何これ?
ていうかTT両手に花?
せいぜい主任が来るまで楽しみなさいってことかね。

一応Gさんと同じテーブルだったので
それなりに盛り上がりつつ
適当に食べ、適量を飲む。

そうこうしている間に主任登場!
女の子達と合席で主任は嬉しいご様子。

ずるい・・・
なんか予想してた通りの展開になっちゃったな・・・。
くすん。

と、その時。

Gさん「じゃぁ席替えしますか!」

神の声が!!

さっき使ったくじ引きを一回回収してまぜまぜ。

主任の席は固定で10番の席。
その付近の数字を引けば主任と話すチャンスは広がります。

恐る恐るくじを引いて開くと・・・

σ

ん?

6?9?

9だと思いたい・・・。
でも勘違いだったら悲しいので一応Gさんに聞いてみる。

Gさん「あーこれは9ですよ。よかったですね☆」

おぉぉぉ!!なんてクジ運の強い奴なんだ!!!

ですが。
この後、spicaは己のクジ運を半分呪うことになるのでした・・・。
続く。

新発見

11月14日の日記で、
はっきりいって主任よりいい人である
主任の上司さんに惚れないのは
メガネをかけていないからだ。
と書きました。

今日はそんな主任の上司さんに関する新発見です。

師走も中旬になり、いよいよ忙しそうなバイト先。
主任も、主任の上司さんもぱたぱた忙しそう。
仕事をしているspica達の横を急ぎ足で通り過ぎていきます。
その姿をぼんやりと見つめて・・・

?!

主任の上司さんが・・・
メガネかけてるぅぅぅぅ!!!

残念ながらspicaの大好きな銀縁ではなかったけれど
確かにメガネをかけています。

普段はかけてないし、しばらくしてから見たら外しちゃってたけど、
いいもん見たな~とご機嫌になったspicaなのでした。

いつもかけてたら危険だな・・・。

必殺技

TTは主任と仲がいい。
主任がTTに仕事を押し付けたせいで
学食でご飯が食べられなかったとTTがぼやくと

「ごめん。TT君。今度自然食屋さん連れてってあげるから!
 ごめん。ごめん。」


と囁かれたりするほど仲がいい。
(だが実際には連れてってもらってない・笑)

そんな話を聞くたびに
spicaはTTにずるいずるいと言い続けてきた。

さて・・・
先日のバイトでは
主任はいなかったけれど書き置きに
「夕方に行くかもしれません」とありました。

休日出勤だ!また私服が見れる!!

とspicaはうきうき。
一緒に仕事をしていたGさん、N君に
「普段スーツの人が私服だと萌えませんか??♪」
と尋ね、
「いえ、全然」
とか言われつつもうきうき。

しかし夕方になり、暗くなっても主任は来ません。
やっぱり来るのやめちゃったのかなぁ・・・
と思っていたそのとき
聞き覚えのある声が入り口の方から聞こえました。

主任だぁぁ!!

振り返るとそこには
スーツの主任が。。。

私服じゃなーい(:_;)

しょんぼり。

そんなspicaを見て

Gさん「主任、spicaさんしょぼーんなんですよ」

(あぁ、なんだか余計なことを!!)

主任「そうなの?spicaさんしょぼーんなの?」

(繰り返してるだけだけどなんかカワイイ♪)

N君「主任のせいですよーもう!」

主任「そ、そうなの?・・・ごめん。ごめんspicaさん」


主任の必殺技、「囁きごめん」キター!!

満足。。。。。

これでいちいちTTを締め上げることもなくなります。
よかったね、TT。

異性バトン

続けてバトンです。
歩さんと同時期にオオカミから戴きました、異性バトン。

『異性バトン』ルール
・男性は『女性』になりきって考えてください
・女性は『男性』になりきって考えてください
*今この時点で、自分が異性に生まれ変わったものとして以下の質問に 答えてください


おぉ、得意分野だ(笑)
やったるわ!

①朝起きて最初にすることは?
メールチェック。女の子から何通ラブメールが来てるかな?

②あなたの職業(学校)はなんですか。それはどんな仕事?
法学部。弁護士になって異議あり!とか言ったらかっこいいっしょ。

③どんな相手と付き合ってみたいですか?
かわいくってふんわりした女の子。

④自分の自慢できるところはどこですか?具体的に。
聞きたいのか?公共の場じゃいえないよ。

⑤どんな格好をしてみたいですか?
ホストみたいなかっこいいスーツを着こなす!

⑥どこにいってみたいですか?
スノボ。きゃーきゃー言われたい。

⑦もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら、その異性となった自分と付き合ってみたいですか?
どうかなぁ。もっとかわいい子がいい(笑)

⑧このまま生まれ変わったままでいたいですか?それとも元に戻りたいですか?
変わったままのが性に合ってそうなのでこのままでいいです。

⑨バトンを回す方々
歩さん
わっきぃさん
(今度こそ・・・。)
アキラさん
(答えたことありそうだな。。。)
気が向いたらおねがいしまーす!

これおもろいわぁ。
spicaが本当は男なんじゃないか疑惑が勃発するな(笑)

What did you want to be?

歩さんからのバトンです。
初めてまともにバトンがまわってきましたyo!
(初期のフェチバトンは無理やり回してもらった・笑)
答えてみまーす!

Q1.小さい頃何になりたかった?
ほんとに小さい頃はケーキ屋さん。
かわいいですねー。
でも実際は生クリームがあんまり好きじゃないから
絶対なれないね(笑)
小学生になってからは学校の先生になりたかった。
身近な職業に憧れちゃったのね。
でも運動できないから小学校の先生ムリね。

Q2.その夢は叶った?
のー。まぁ教職とってるからもしかしたら
叶ってしまうかもだけど。
叶わなくていいです(笑)

Q3.現在の夢は?
鑑識さん。公務員だし♪(笑)
普通に萌えなの。仕事内容に。

Q4.宝くじで3億円あたったら?
とりあえず親に借金してるお金を返して
(9月に海外逃亡したときに数十万の金を借りた)
貯金かしら。
これで留年しても大丈夫!・・・って笑えないよ。

Q5.あなたにとって夢のような世界とは?
みんな大切な人が傍にいて、常に笑顔な世界。
個人的にいえばしゅに(自主規制)

Q6.昨晩見た夢は?
なんだか不衛生な夢だったような・・・。
よくみます、不衛生な夢。

Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?
どーしよう。友達いないわっ(>_<)
オオカミ、わっきぃさん、コジカ、タヌキ、アキラさん。
これで知り合いが全部なのが哀しい・・・。
無理のない範囲でよろしゅー☆

spicaとゲーム

spicaは携帯でゲームをしています。

BEFORE CRISIS FINAL FANTASY 7ってやつなんですが
このゲーム、「主任」と呼ばれる人物が登場します。
もちろんspicaの大好きな主任とは無関係ですが(笑)

ちまちまとストーリーが配信されるこのゲーム。
最近の話の流れでは「主任」は重要人物です。

敵に狙われたり
味方だった奴にも狙われたり

忙しい「主任」。

主人公は「主任」の味方です。
「主任」が危機に陥ったりすると・・・

主任~~~!
 俺が必ず助けるから・・・
 待っててくれ主任!」

こんなにしょっちゅう主任主任言われると
私だって思わずこんなことを言ってしまいます。

「主任~~~!
 私が必ず好きにさせてみせるから・・・
 待っててくれ主任!」


危険分子がここに一人。
いつか捕まるな・・・。

近況報告

みなさまのご好意でspicaは回復いたしました!(早)
ありがとうございます!
久々に雨が降ったのが喉によかったようで・・・。

ですが。

主任の風邪はぶりかえしておりました。

またうつしかえしてしまったようです。
すみません、主任。

さて、時は師走。
先月の時点では

「忙しくなるんだろうな~
 わっかんねぇなぁ~
 わっかんねぇだろうなぁ~」

とかいう余裕っぷりでしたが、
見事に忙しいです。

年末にレポートとか発表とか
ありすぎですから!

まとめてやらないで分散してください・・・。

spica、風邪をひく

見事に風邪をひいてしまいました。
最初は喉が痛くて、
じきに鼻水が・・・

ええそうです。

主任にうつされました。。。

そーいや
私服の主任はもう鼻声じゃなかったような・・・。

人にうつしたら治ったんですね。
よかったよかった。

別にspicaは風邪をひいてもいいのです。
でもね。

熱が出ない風邪は勘弁してください。

本人的には風邪うっとぉしいなぁと思ってるのに
周りからは平気に見えてしまいます。

悲しい・・・。
俺に睡眠時間をくれ!!

・・・
はい、そんな暇ありません。

レポート、発表用資料の作製や
試験勉強をさっさとやらないと

バイトする時間がないです!
それは困ります!!
主任に会えなくなります!!!


さー勉強だ勉強だ。

風邪をひいてどこかおかしくなっている
spicaなのでした。

みーちゃった♪

月曜日は、主任は休んでいることが多い。
この前の月曜日、
主任はいないだろうと思いながらバイトに行ったら
出勤していて、
なおかつハートを思いっきり打ち抜かれてしまった。

そして金曜日、
今日は普通にいるでしょ~と思いながらバイトに行く。
職場の人たちに挨拶しながら主任の席を見ると・・・

い、いない・・・

主任だけでなく、主任の上司さんもいない様子。
今日は二人とも休みなのかなぁ・・・しくしく。

しょげながらアルバイターフロアへの階段を昇っていると
誰か降りてきた。

あ、主任だ。

「あっ、おはようございます!」

元気に挨拶しながら主任を見つめると
何かが違うことに気づいた。

シャツが白じゃない!
ネクタイしてない!
ジャケットがスーツじゃない!
ジーンズ履いてる!



私服じゃん!!!



どうやら主任は休日出勤をしているようです。
spicaがあからさまに驚いていると主任は

「俺今日休みなんですよ~」

と照れ気味に教えてくれたのでした。

社員さんの話を盗み聞いた限りでは
主任が休日出勤をするのは珍しいみたいです。

レアな主任見ちゃった♪

物理との馴れ初め

今までこのブログを読んできてくださった方々、
お気づきになられましたか?

このブログ・・・

物理の話が全然ない!!

せいぜい、

主任に宇宙旅行をさせたり
主任に磁場をかけたり

その程度です。

そこであなたはこう考えるかもしれない。

こいつ、本当に物理学科なのか?!

その答えはイエス。れっきとした物理学科でございます。

では、本当に物理が好きなのか?

それについては非常に悩みます。
ただ、確実に言えるのは

物理が好きだった、こと。

これは間違いない。
現在進行形かどうかはともかく、
過去には間違いなくそうだった。

では、普段の言動から見て明らかに
おばかちゃんであるspicaがどうして
物理という小難しい科目が好きであったのか、

それを今日、いよいよ明らかにしようと思う。

時は5年前にさかのぼる・・・
あれは高校1年の終わりだった。
spicaが行っていた塾では物理・化学の講座は2年生からだった。
講座が始まるにあたってガイダンスが行われた。

化学の先生はおっとりしたふくよかな女性。
そして物理の先生は・・・

イケメンだった。

少なくとも、当時はそう思っていた。
そのイケメン(当時21歳)はガイダンスでこう言い放った。

「俺は、皆さんを物理好きにしてみせます!」
なんてでかいこと言うんだろう。若造が。
誰もがそう思った。

その半年後・・・

見事に物理とイケメンの虜になっているspicaがいました。

そんなわけで物理が大好きだったspicaは
某大学の物理学科をAO入試(別名・口先八寸入試)で受験し
見事実力を伴わない合格を果たしましたとさ。

今日の結論。

結局spicaは色恋で動く人間でした。
今も昔も変わらないな・・・。
成長しろ、私。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。