Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年10月
ARCHIVE ≫ 2006年10月
      

≪ 前月 |  2006年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

擬人化

「擬人化たん白書」という本があります。
かなり、キてると思います。
こんな本を買おうものなら、一般人はどん引きですよね。
もちろん、spicaは買ってませんよ。
かわいいなぁとは思いますが…何も本まで。
ていうかなんで擬人化。

だけんどもー
きーづいちゃったのよねー

spicaは音声をデジタルで扱ってます。
プログラム組んでそれをいじったりしてるわけですね。
なんか、フィルタとか。そういうの作ってます。
で、結構前にとあるフィルタを本来の使用範囲ではないことに使ってみようとしてたんです。

spica「M助手~、この場合、このフィルタはどういう気持ちで処理するんですかね?」
M助手「『えっ、そうだったんスか!知らなかったっス!!』みたいな感じじゃない?」
spica「『オレ、しらねっスよ!』って感じですかぁ…うーむ」

なんか、M助手の知らない一面を見たような気がしました。


ところで最近、携帯に色んなバイオメトリクスが使われてますね。
音声認証とか、顔認証とか指紋認証とか顔認証とか顔認証とか。

・・・基本、顔認証が多いんですが。

spicaは音声いぢり職人。やはり音声認証に着目したい!
で、この会話。

spica「なんか、すごい性能のいいフィルタとか見ちゃうと、
    『もう雑音除去研究しなくていいじゃん!』って
    気分になっちゃいますよぉ」
M助手ていうかしなくていいんじゃない?
spica「そ、そんなっ!!」
M助手「もう飽きてきたよ、俺は」
spica「そんなこと言わないでくださいよ!!
    最近はほら、携帯にも音声認証使われてるし!!
    ・・・顔認証のが多いけど」
M助手「そんなに大事かねぇ、雑音除去は」
spica「大事っすよ!だってほら、顔認証なんて
    ボコボコに殴られたら終わりじゃないですか!」
M助手「音声認証はカラオケ行ったら終わるよ
spica「ボコボコに殴られる確率とカラオケに行く確率だったら・・・」
M助手「カラオケに行く確率のが高い。かなり」
spica「うううぅ・・・」

そんな研究室生活。
M助手の口からカラオケという言葉が出てきたことが意外です。
風邪とか、普通の例えがあるのに・・・。
M助手はカラオケに行ったら何を歌うんだろう、と考えて
全く想像がつきませんでした。
意外にライトノベル好きなことから、アニソンか?
反論はコメントにて受け付けます(笑)

ちなみにフィルタの擬人化の件ですが、
先日OGの人が研究室にやってきたときに
「M助手がこんなこと言ってたんですよ~」と言ったら
「俺、そんなこと言った?・・・病んでるな

すっかり忘れてしまっていました。
まだお若いのですから・・・。
スポンサーサイト

恋をしちゃいました

タイトルは目新しいですが、やっぱり元主任ネタです。

よく、漫画やドラマなんかで恋に落ちるシーンがあるじゃないですか。
すごいありきたりなやつ。

実は私が元主任を気にしだしたのも、ありきたりな感じだったんですよ。

問題1
 spicaが主任(当時)のことが気になりだしたきっかけとして
 最も適切なものを次のうちから1つ選べ。

 ① 本屋で同じ本を手にとろうとした
 ② 急いでいたらぶつかってしまい、かばんの中身が散らばった
 ③ 終電で酔っ払いにからまれて助けてもらった
 ④ 夢に出てきた

正解は
 ④ 夢に出てきた
でした~。

え、ない?
見えないときは手を動かしてください。
手っていうかマウス。
書いてあるでございましょ?

今回は、彼の運命を決定的に変えたかもしれない
あの夢について書いてみようと思います。けっこうすごいです。




あれは、日本を遠く離れたトルコの地でした。
トルコでも観光客が集まるキノコ岩のある土地、カッパドキア。
そこのとあるペンションにspica一行は宿泊していました。
(spica一行というとまるでリーダーであるかのようですが
 spicaは英語が喋れないので金魚のフンでした)

当時のspicaはまだバイト先では新人まっしぐら。
まだ主任のことは「さえない上司」だと思っていました。
今ではものすごく仲のいいバイト先のH君のことさえ
「からみづらい奴」だと思っていました。
また、現在は建物の3階にバイトスペースがありますが、
当時はアルバイターも主任のいる2階で働いていました。

そんな状態で、異国の地にて不思議な夢を見たのです・・・。

spica、バイトをしています。
なぜか場所は3階みたいです。
ほとんど行ったことがありませんが、3階らしいです。
spica、主任を待っています。
仕事が無いわけではないのに無心に主任を待っています。
どうやら主任の姿を見るのが嬉しいらしいです。
さらに、主任がやってきてspicaに話しかけました。
spica、とても嬉しいです。

目が覚めました。
とっても不思議です。
なぜ3階で働いているのか?
なぜ主任のことが好きな感じだったのか?
謎を抱えたまま、今日もキノコ岩めぐりは続きます。




今にして思うと予知夢か?!みたいな感じですが。
あらゆる意味で(笑)

なお、その日・・・
キノコ岩めぐりツアーでは災難続きでした。
なんか呪われてたんかな・・・。

最近”は”元主任

一度書いた記事が消えてしまったのでやる気喪失です、spicaです。
なぜ消えたかというと、
一昔前に高校生~大学生の間で大流行した
「この点は出ねぇよぉ!!」を聞こうと思って
この記事を書いてる上に窓開いちゃったから・・・

荻野め!!なんてことすんだよ!!!

・・・はい、まじめに書きますよ。

さて、最近はまた元主任のネタが増えてますね。
ちゃんと理由があるんですよ。
全ての物事には根拠があります、ちゃんと。

最近は、バイトと研究とだらだらしかしてないので
ネタが無いんです。

オンラインでまで研究のこと考えたくないんですよ!

・・・そのうち困って出てくると思いますが・・・。

そんなわけで元主任。
今週は結構働いたんですが(中間発表直前に働きたくないため)
ネタがないんです。というのも
元主任休みだったりしやがったんですよ!

ちょーつまんなかったんですよ。

どれくらいつまんなかったかというと
若い社員さん(元主任との接点はあまりない)が
「元主任さんいないと、なんか寂しいですね」
って言ったくらい。思わず
「そーなんですよ!寂しいんですよー!!」
って返してしまいました。

そんな今週の収穫は
パンフ配布の帰りに聞いた『元主任の趣味』。

元主任「TT君は物理以外には何をしているのかなぁ」
spica「・・・何もしてないんじゃないですかねぇ」
元主任「ゲームとか、漫画とか・・・」
spica「ゲームはしたいけど時間がない、
    漫画は読みたいけど金がない、
と言っていました。
    だから『職業:物理、趣味:物理』なんじゃないですかねぇ」
元主任「そっかぁ・・・それはよくないねぇ
spica「そうですねぇ。・・・元主任は何か趣味とかあるんですか?」
元主任「趣味、ねぇ・・・ないかなぁ
spica「人のこと言えないじゃないですかっ!!」
元主任「うぅっ・・・。す、spicaさんはどうなの?趣味」
spica「趣味・・・ないですね・・・ゲームかな」
元主任「あぁ、そういえばそうだよね」

そんな火曜の昼下がり。

そういえば、元主任がTTのことを本名じゃなくて
「TT君」ってほんとに呼んでた。
アルファベット呼びが彼の中で流行ってるらしい・・・。
びっくりしました・・・。

緊急告知!

明日、10月10日2限前に
うちのキャンパスの前、公園出口あたりに

元主任が出没します!

デートです。

うそです。
パンフレット配ります。例のspicaがモデルらしいやつ。

明日2限がある方も無い方も!
うちのキャンパスで元主任と握手!!




配ってきましたー。
タヌキの相方やら、研究室の同僚やら
研究室の先輩やらに会ったりしましたが、無事終了。

一緒に配ってたQ君が授業だと言って去っていってから

元主任と学食に行くことに。

二人でご飯☆

・・・と思っているところにTTが現れたので
3人でご飯になってしまいました。
うらみますよ、TT。

ちょっと残念でしたが

時給をもらいながらご飯を食べられたので、いいとします。
(おごってもらいました(^^;))

んが、
わけわかんない時間にお昼を食べてしまったので、
わけわかんないタイミングでお腹がすいてきました・・・。

くそぅ・・・。

謎めくあなたの愛を~♪

ども、小松未歩です。
うそです。spicaです。

先日、仕事をしていたら突然

「spicaさんパックあげるよ!!」

と言われました。元主任に。
平然と書いていますが、結構びっくりしました。

パック・・・?何のパックだろう・・・
セットになっててお得なパックなのか、
顔をキレイにするパックなのか・・・


どちらにせよ、それ以前に
元主任がそんなものをくれる理由が思い当たらない。

ぶっちゃけ、
そんなものの前に例の本をくれと言いたい。

spica「パック??
    ・・・あの、話が全然見えないんですけど・・・」
元主任「あのね、俺の兄貴がね、
    アイデアショップみたいのやってて」

凄く胡散臭いんですけど。

元主任「余ってるらしいんだよ、パックが」

売れてないパックなんですね

元主任「ちゃんとHPもあるんだよ!
    ぐぐったら一番上に出てくるよ!!」

そう言いながらPCの電源を入れる彼。
ここで調べるんですか。いいのか、あんた。

確かに代表取締役のところに
元主任と同じ苗字の人の名前が書かれています。

ついでに、例のパックとやらをそのHPで見てみると・・・

胡散臭さ倍増!!

怪しげなアジア人教授(写真入)らしき人も推薦してるらしい。
はっきりいって、推薦してくれなくていい
これには元主任も苦笑い。

元主任「こんな表記いらないよ・・・」

直接言ってあげてください。

無駄に社長日記とかもやってた模様。
(後でクリックしてみたらページがなかった)

話も一段落し、仕事に戻るspica。
元主任が横にやってきて、こちらもお仕事。

元主任「spicaさんは、パックとかしないの?」

あ、終わってなかったんですね、話は。
「私にキレイになってほしいんですか?」
って言ってやろうかと思いましたが、自粛。

spica「ん~・・・しないですね・・・
    毛穴パックはしますけど、鼻のやつ」
元主任「そうなんだぁ」
spica「結構高いですしね、パックとかって。
    あぁ、でもくれたらやりますよ」
元主任「そっかそっか」


次の日

spicaが仕事に行くと、元主任はいない様子。

休みかぁ・・・

アルバイターのところに行くと、
同僚の子が話しかけてきました。

同僚の子「spicaさん、spicaさん」
spica「あっ、おはようございます。どしたんですか?」
同僚の子「これ、元主任からです。
     『spicaさんセット』らしいです」

本当に持ってきたよ、あの人。
(どうやら、微妙に休日出社したらしい)

モノと、説明書、それからwebページのコピーがありました。
説明書を見ると、
本当は匙とかカップがついているらしいことが
わかりましたが、どう見てもついてません
webページのコピーを見ると、
「シミやシワなどにも効果があると聞いているので続けています」
はがすのが楽しく、使っています」
などというアンケート評価が書かれています。

・・・効果は!
効果は体感できないんか!!

次のバイトのときまでにはやってみようと思っています。
「はがすのが楽しかったです」って言ってやる!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。