Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年01月
ARCHIVE ≫ 2011年01月
      

≪ 前月 |  2011年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

バレンシアから戻って早2ヶ月あまり。。。

なかなか旅行記が終わらなくてごめんなさいでした!
もう2011年です!!

2010年よいお年をでしたか?!
2011年あけましておめでたかったですね!

今更ですが、spicaの2010年を振り返りましょう。

2010年、spicaにとって激動の1年でした。
実はspica、11月から実家を旅立って恋人氏と一緒に暮らしております。

それに関してもいくつかネタがあったような気もするんですが、
バレンシア書いてる間に忘れてしまいました・・・。

ちなみに、一緒に暮らす初めてのクリスマスは・・・

中国・武漢で過ごしました。
・・・意味ねーーーー。

武漢の旅行記は書きます。
バレンシアよりよっぽど面白いので。
あぁ、でも忘れてきちゃったな・・・。

なかばもう既成事実的な感じですよね。
もう逃げられないですよね、恋人氏とか。へっへっへ。

研究室には、引っ越したことを言っていないので、
研究室の後輩から実家に年賀状が届いてしまったりしてちょっと困りました。
中身見ずに返事を書かざるを得ないという・・・。(ごめんなさい)

実家を出て変わったことは・・・

研究室の後輩と風呂掃除の話題で盛り上がったりするようになったこととか、
布団を干すための道具を楽天で探してるのを隣の席の子に見つかったりしたこととか、
ですかね。
(なので、実はもうばれているかも?でも直接言ってこないのでわからん)

あとは、タヌキ夫妻・オオカミ夫妻(もどき)の飲み会に誘ってもらえたりするようになりましたね。
(一緒に暮らすようになる前に行った気もしますが)

タヌキ夫妻の合計年齢はspica+恋人氏よりも少ないですが
(恋人氏が老けすぎなので)
達観した感じ。
(でも手つないでるのとか見ると若いんだなぁと思い出しますが)
オオカミ夫妻(もどき)はたぶんspica達と同じくらいだと思いますが、
なんか初々しい感じで新鮮です。
なんか久しぶりに見たよ、そういうの。って気分になります。

年末には物理科女子全員揃ってオオカミ夫妻を拝みに行ったり(やや未遂に終わりましたが)
なかなか最後まで気の抜けない年でございました。

2011年は・・・
博論を完成させるので全然気抜けないです。
まだ、1月なので余裕ですけどね。

今は卒論シーズンで周り中ばたばたしてて、
なんか研究どころじゃないんですが・・・。
(といいつつ逃げてるだけ説が濃厚)
スポンサーサイト

バレンシア旅行記⑦

さて、いよいよ帰国日です。

そこそこ早く目が覚めたので、火祭り博物館へ行くことに。
やっぱり見残してるものがあると気持ち悪いですからね。

バスで行けるとのことで、歩き方に載ってる番号のバスに乗って向かう。

・・・あれ??
この道、すごく通ったことのあるような・・・。

乗るときに運転手さんに「火祭り博物館に行きますか?」と聞いたので、
火祭り博物館に着いたときに教えてくれて降りたのですが・・・

芸術・科学都市の目の前でやんの。

うーん。少し時間あったし、まとめて行ってしまうべきだったなぁ。

気をとり直して見物へ。
火祭りで使われた張り子の人形のうち、各年の最優秀賞をとったやつが飾ってあります。

なんか、毎年1年くらいかけて構想を練って作るらしいですよ。バレンシアの人々は。

毎年増えちゃうから場所とかどうするんだろうと思いながら見ていくと、
人形は2階までしか置いてないのに建物にはさらに上層があるもよう。
なるほど。まだまだ置けそうです。

ただ張り子が置いてあるだけなので、さくさく1時間ほどで見終わりました。
あぁ、ますます芸術・科学都市のときに行っておくべきだった・・・。
そしたらホテルでゆっくりできたのに!!

その後、昼ごはんを食べ、空港に向かい、
何事もなく帰国したのでした。

うーん。
あんまり印象に残らない街だったなぁ。
(バス捕まえるのに苦労したくらいかな?)

バレンシア旅行記⑥

水族館を楽しんだ翌日。
(恐竜?なにそれタベレルノ?)

spica達はいよいよバレンシアの街を楽しもうとしていた。
前の記事にも書いたけど、見るべき場所はあと

・カテドラル(休みなし)
・ラ・ロンハ(月曜定休)
・国立陶器博物館(月曜定休)
・美術館(月曜定休)
・火祭り博物館(月曜定休)

の5つ。

盛りだくさんのように見えますが、
これ、実はほとんど徒歩圏内。
火祭り博物館だけちょっと遠いですが、
他は固まっているのです。

ということで、ホテルからえっちらおっちら歩いて行きました。
カテドラル以外の見どころは、昼ごはんの時間になるとしまってしまう
(しかも2時間とか)
ので、時間も考えてみて回ります。

まず見たのが、ラ・ロンハ。
P1000335.jpg

ここは絹の取引が行われた場所らしい。
2階建てくらいだったけど見るのはあっという間。
写真に写ってる螺旋状の柱は、優美らしい。
・・・そうかなぁ。

続いて、カテドラルへ。(もうお昼ごろだったのです)
まぁいわゆるカテドラルでした。
で、よくある感じに有料の展望台のミゲレテの塔ってのがあったので登りました。
P1000337.jpg

バレンシアの街並み。
うーん。特に特徴はありませんな。

そして昼ごはんに歩き方に(唯一)載ってるパエリアの名店にてバレンシアが発祥のパエリャを食べ、

続いて美術館へ。
・・・特にすごい絵とかがあったわけではなかったので、
あんまり記憶に残ってません。。。

そして陶器博物館へ。
ここにはバレンシアの3大陶器をはじめ、スペイン全土から集められた陶器があるとのこと。
だったのですが・・・

よくわかりませんでした。

で、夕方になったので火祭り博物館を諦めてホテルへ帰還。

火祭りといえば超有名なのに、
火祭り博物館は歩き方では星1つなんですよ。

ホテルに帰還し、部屋でご飯を食べつつ
明日空港に行く前に火祭り博物館に行くべきかどうかを話し合ったのでした。

で、結論としては、
「早起きできたらね」
となりました。

spica達は火祭り博物館に行ったのか?!
次回へ続く!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。