Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
      

≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

武漢旅行記③

赤壁にはバスを乗り継いでいきます。
とりあえず、バスターミナルに行き、
近くの都市に行くバスを発見。
割と値がはる・・・。が、仕方ない。
正直、あんまり見るものがないんだもの。
赤壁見たなんて言ったらかっこいいじゃないのさ。

バスに2時間ほど乗り、遥か彼方へ。
バスでは、チャイニーズポップスのPVが流れている。
なんかカラオケ風の字幕付きで。
・・・なんかタイ料理屋で似たようなの見たことがあるような・・・。
どこの国でもこういうのって一緒なのかなぁ。

さすがに時間が長いので、うとうとしつつ、
PV見つつ、1つ目の目的地へ到着。
・・・チャイニーズポップス耳に残る~。
思わずホテル戻ってから調べちゃったからね。
(たぶんこれ→http://www.youtube.com/watch?v=aynhEHjvrS4)

到着してみると、めっちゃ寒い。
内陸さみーよー。
雨降ってるし・・・。

冷たい雨に打たれながら、乗り換えのバスを探す。
・・・。ない。
とりあえずチケット売り場のおばちゃんに聞く。
・・・英語通じない。
紙に赤壁って書いて見せる。
・・・なんかかぶりをふってる。


恋人氏「・・・たぶん、『明日』って言ってる

第二外国語・中国語が役に立った瞬間。

って、ええええええぇ・・・。。

さすがにここに泊まることはできない。
明日は学会に行かないといけないしね。

ということは・・・。

うん、帰ろうか・・・。

結構な金を出して、寒い思いして、
結局チャイニーズポップスのPV見ただけだったよ・・・。

出発時に使ったバスターミナル行きのバスを見つけ、チケットを購入。
・・・い、1時間待ち?!

うぅ・・・。悲しい。

そして、近くの売店で買った安いお菓子を食べながら待つこと1時間。
やっときたー。
いそいそと乗り込み、乗客が揃うのを待つ。

しばらくして、バスガイドさん席になんかちゃらいねーちゃんが乗って、いざ出発!

・・・と思ったら外がなにやら騒がしい。

なんか何人かがバスを叩いてるーーー!!!

乗せろ。ということらしい。
が、ガイド席のちゃらいねーちゃんが何か叫んで追い返す。

な、なんかかわいそうだ・・・。
確かに空席はないけど・・・。

ちょっと走ると、急にバスが停止。
まだトイレ休憩には早いと思うけど・・・。

と、思っているとちゃらいねーちゃんが降りていき・・・

大量のみかんを持ってもどってきました。

みかん買いに行ってただけかよ!!!

その後はあまり停車することはなかったものの・・・
なんだか行きより時間がかかって出発と同じバスターミナルに到着。

時刻は夜7時なり。

・・・今日何もしてないのに、もう夜だよ・・・。

しかも

雪降ってるーーーーーー!

ホワイト・クリスマスだよ☆

なんて喜んでる余裕はない。

なにせ、タクシーがつかまらない。

昨日はあっさりつかまったのに・・・。

タクシーはたくさん停まってるが、ものすごくふっかけてくる。

寒い。
死ぬ。
まじ踏んだり蹴ったり感ぱねぇ。

生命の危機を感じた恋人氏が、
流れてるタクシーを全力で追いかけ、とめる。

やはり英語は通じないが、もうこれ以上外にいられないので
一か八か乗り込む。

ホテルがみえてきて、
メータが昨日と同じくらいになっていてほっと一息。

今日はメータの額とぴったり同じ額を用意できたので払うと・・・

足りない。と言われる。

???

よくわからないが、さっきまで他のタクシーにふっかけられた額と比べるとゴミみたいな額なので、
払ってみる。

・・・どうやら、メータの額に何かが加算されるのが武漢流らしいことがわかった。

無事にもどってこれてよかった~~~。
・・・何も得られたものはなかったけど・・・。

次回へつづく・・・。
スポンサーサイト

地震から一週間。

あれから一週間ですね。
東北の人たちはまだまだ大変そう・・・。がんばってほしいです。

spica自身には東北在住の知り合いはいませんが、
福島出身の友人タヌキの周辺には不幸があった人とかはいないそうで、ちょっと安心。
(spicaはそれをタヌキに聞くためにメールするのに超緊張しましたが、
 学科の友達はものすごくナチュラルに関係ないメールをタヌキに送ってて脱力しました。)

さて、東北の方々とは比較になりませんが、関東にも地震の爪あとが。

関東圏の人、おわかりですね。

そうです。停電です。

関東では3月14日から計画停電をやっています。
(14日は少しだけでしたが。)

spicaが今住んでるとこは区画整理されてないとこなので、○丁目という住所ではないのです。
千何番地、みたいな感じ。

実家は何丁目、という住所だったのですが、
引っ越してから今まで特に不便したことはなかったです。
ちょっと田舎っぽいなぁ。くらいで。
(あと、Webで住所入れるときにマンション名入れるのがめんどくさいくらい。)

で、計画停電の市町村一覧を見て、愕然。

ここ、3つのグループに書かれてるよ・・・。

全部で5つに分かれてる中の3つのどれだか分からないとなると、
正直いつ消えるのか分からない。
電話で聞けるそうではあるけど、なんかめんどくさい。
まぁ、停電すれば分かるわ。と思ってたんですけど・・・

なかなか停電しない。

グループごとに順番に停電がやってくるのですが、
グループ全部が停電するわけじゃないんですよね。

第一グループの時間でも、停電しない第一グループの家庭があるわけです。

14日・・・一部分だけだったので停電なし。
15日・・・あれ?停電しねーな。
16日・・・どゆこと?ここ、駅と同じ電気なんじゃね??

そして17日。

夕方になっても停電しない。
テレビでは、このままだと予期せぬ大規模停電になっちゃう。とか言ってる。

なんでや。
ここ、ここ消せばいいんだって!
なんでここ避けられてんねん。(停電しないほうがいいことはいいけど。。。)
停電に備えて氷大量生産して冷凍庫埋め尽くしたりしてるのに!

そんなことをニュースに向かってつぶやいてると・・・

停電キターーーー!!!

んん?
これは・・・
「予期せぬ大規模停電」なのか?
電気、足りなくなっちゃったのか?
と思って外を見る。
暗い。

あ。
ブレーカーが落ちるのとは違うから他の家も暗くなるの当たり前だった。。。

と、数分間暗闇でうろうろするものの、気づく。

あ。
うち、今消えるグループだったのか。

停電やるで。というニュースから5日目にしてようやくわかる真実。
予期せぬ問題点でしたよ。区画整理されてない土地の。

都会は停電しないそうなので、大学に行こうかとも思ってたんですが、
まさかのロックアウト。
外出する理由ないんで、買い物以外はひきこもりです。
外出ると花粉の被害に遭うことも、ひきこもりに拍車をかけています。

早く日本中が、もとのまったりした日々に戻るといいなぁ。
(もともとまったりしてんのはおまえだけだよ)

地震報告②

地震当日は大学に泊まり、次の日の昼頃に家にもどってきました。

さすがは新築・鉄筋コンクリート・低層マンション。
見た目は特に問題なさそう。

壁にひびとかがないことを確認しながら部屋の前へ。

どきどきしながら玄関のドアを思い切って・・・開放!

・・・。
そうだった。
リビングに入るとこにドアがついてるから何もわかんないんだった。

気をとりなおして、リビングに続くドアを・・・開放!

とりあえず一番気になるのは食器が割れてないかだったのでキッチンの電気をON!

あれ?
何もなってない・・・。

食器棚のドアも閉まったまま。
(正直閉めたかどうか不安だったのですが、閉めてあったもよう)

ほっとして、リビングの様子を見てみる。

散らかってる・・・。
が、それはもともとだ。

あれー?
何も落ちたりしなかったのか??

と思ってよく見ると、

床にいよかんが1つ落ちてました。

さらによく見ると、キッチンカウンターに置いてあったものがいくつか落ちてましたが、破損なし。
12月に買ったばかりのテレビも、テレビ台の向きが少し変わってただけで、落ちてなかったです!
載せてる台が不安定な台だったので心配でしたが・・・。

寝室は・・・
もともと何も置いていないのですが、
落ちているものが。

大量の、
ほこり。

このほこりどっから来た?!

って感じです。

確かにしばらく掃除してなかったけど・・・
こんなんなかったはずなんだけどなぁ。

なにはともあれ、何事もなくてよかったです。

知り合いとはまだ連絡とってないんですが、みんなどうなんだろう。

計画停電もあるし、
原発もまだまだ不安だし、
落ち着かない日々が続きそうです。しょんぼり。

番組の途中ですが・・・

地震超怖いです(>_<)

研究室にいるときだったので、心細くはなかったのですが、
使う電車が未だ動かず帰れません~。
というか、たぶん激混みだろうし・・・。

大学では毛布や非常食を配ったりしていて、
「THE・災害」な感じです。
すごい経験してもうた。。

大学内でも壁が崩れてるとことかあって、生々しいです。

しかし、たまたま遭遇したタヌキの旦那さんはいつもどおりのほほんとしてました(笑)
さすがに今はもう少し焦った感じになってるのかしら。

ちょうど大学でやってた学会も途中で中止になっちゃうし、
すごくばたばたした感じ。
(研究室の後輩の子が出る学会で、
 地震が起きても泣きそうになりながら発表練習続けてました)

知り合いの人のブログでは家の中が大変なことになってる写真が載っていて、
spicaも家に帰るの怖いです。。。

お皿が散乱したりしてるのかな・・・。
テレビが倒れて割れてたりするのかな・・・。

地震対策しっかりしとけばよかった。
備えあれば憂いなしですよねぇ・・・。ほんと。

今、めっちゃ憂いてます。

家が大変なことになってたら、写真載せますね。
普段と区別つかなかったりして。。。

武漢旅行記②

というわけで、早起き・・・というかもはや夜中に朝食をとり(わけがわからん)
成田へ向けて出発。

上海までANA、そこから中国東方航空。
距離が短いのでちゃんとした機内食が出なそうなのが残念。

というか、中国東方航空なのが残念。
だって、こわいんだもん。
それに・・・ANAのマイルがつかないんだもん。
(ルフトハンザとかの提携航空会社だとマイルが多少つく)

特に問題もなく成田から上海へ。
距離が短いのに、なぜか機内食出ました。
ただし、ビーフorフィッシュとか聞かれず、みんな同じものでした。

そして、上海で荷物を一度引き取り、
ターミナルを移動し、中国東方航空へ。
上海の空港は国際便と国内便でターミナルが違うので、ちょっとめんどいです。
提携してないから荷物も引き取らないといけないし・・・。

そして、特に問題もなく、飛翔。
そして、機内食として軽食が・・・

って、キュウリのはさまったサンドイッチとは・・・。
食えない・・・。
中国の野菜は、とかいうことではなく、
spica、キュウリは苦手なのです。
機内食を一口も口にできないなんて初やもしれん。

悲しくなりつつも、武漢に到着。
ここからホテルまではバスで行けるはず。
が、バス乗り場およびバスのチケット売り場がよく分からないので
空港の人に聞いてみることに。

すると。
spica達がもう分かっていることをもう一度説明されました。
が、目的地を現地の漢字で紙に書いてくれたのでちょっと進展。

とりあえず外に出てみると、一応バスを発見。
恋人氏が空港のおばちゃんに書いてもらったメモを見せ、
ここに行きますか。という動きをすると、
おう、行くぜ。という動きをされました。
・・・英語、あんま通じないのよね。

薄汚いバスで揺られること1時間ほど。
なんかよく分からないけど着いた・・・!

で、そこからホテルまでは歩けなさそうな距離だったので
珍しくタクシーをキャッチ。
・・・電車、あんまり発達してないのよね。

タクシーのおばちゃんにホテル名を言うと
わかったわ。的なふるまいをされ、タクシー発進。
しばらく右に左に揺られていると、ホテルを発見。
メータに書かれている金額ぴったりは持ってなかったので、
多く渡してお釣りをもらおうとすると・・・

くれない。
なんか言ってるけどわからん。

しばらくねばってみるも、返してくれなそうにないので、諦めることに。
まぁ、ちょっとだけだし・・・。ちぃっ。

ホテルに入ると、フロントにはまさかの日本人。
確かにホテル情報サイトでは日本語の使えるスタッフがいるって書いてあったけど、
まさか日本人とは。

日本語でチェックインをすませ、部屋へ。
日本人なおねーさんが荷物を運んでくれる。
うーむ。いいホテルって感じ。

会期は翌日からの3日間だけど、
実際に発表とかがあるのはまさかの1日だけ。

さすがに発表とかがない日に行ってもなぁ。ということで、
翌日はいきなり赤壁を観に行くことに。
地球の歩き方によれば、ちょい遠いけど、いけない距離じゃないとのこと。

歩ける距離にスーパーも見つけ、なんとか生きていけそう。
ま、スーパーって言っても・・・
隣、こんなっすけどね。
P1000396(1).jpg

次回へ続く~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。