Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ 目撃!TOP未分類 ≫ 目撃!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

目撃!

今日は昼休み明けのコマから授業があったので
昼休みのうちから教室に行ってご飯を食べていました。
私の他にも同じ学科の男の子が数人前列に固まっていました。

私の友人達はまだ来ていなかったので一人寂しく昼ごはん。
「つまんないなぁ・・・」
と、その時
友人の一人、オオカミが教室のドアを開けて覗いているのが見えました。
(あ、オオカミだ。もう来たのか・・・早いなぁ。)
と思ったのもつかの間、オオカミはドアを閉めて去っていきました。

何処へ行く、オオカミ

彼がドアを閉めた理由はすぐにわかりました。
私たちの次の授業がある教室では昼休み前のコマに
うちの学科の十数倍もの女子が授業を受けていて、
その女の子たちが教室に残ってきゃぴきゃぴとご飯を食べていたのです。

ちょうど、ドアを開けたオオカミの視界の範囲にあたる場所で。

もしかして、教室間違えたと思ったのか?!
いやいや、まさかいくら奴でもそんな間抜けなことは・・・
んにゃ、ありえる
大いにありえる

ほっといてもよかったけどかわいそうなのでメールを入れてみました。

「教室、間違ってないよ?(笑)」

うそです。本当は何事もなかったかのように戻ってきちゃったりしたら
もったいないからです。spica、みすみすチャンスを逃したりしません。

数分後、苦笑いをしたオオカミが教室に戻ってきました。
私の読みは200%当たっていました。
笑い話にできる勘違いを素でできるオオカミがうらやますぃ~
スポンサーサイト

Comment

編集
うらやましくないです。
こっちは生きるのに必死なのぉ!
でもメール送ってくれて助かりました。
この場を借りてお礼を言っときます。
「ありがとう」
2005年10月04日(Tue) 21:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

何気ないオオカミの日常
オオカミは物理学科である。 男子50名ちょいに対し女子4名そういう異常な空間、それが物理学科なのである。 もっとも、高校から男子校のオオカミにとってはもはやそれが普通で、世の中の約半数が女性というのは未だに信じられない訳だが。 そんなオオカミ、今日は量子力
2005年10月04日(Tue) 20:29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。