Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ 解放・・・か?TOP未分類 ≫ 解放・・・か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

解放・・・か?

卒論が終わりましたー!
びば☆

さて、あと残すは
 ・卒論の修正(till 3月上旬)
 ・3月頭にあるゼミの準備
 ・英語で論文をかく(till 今月末)
 ・学会発表の準備(till 3月中旬)
 ・もりもりバイトする(till 今月中)

だけだー。

・・・だけ・・・

だけじゃねぇYO!

せっかく卒論が終わったのに、全然楽になりません。

しくしくしく。

世の中の四年生はみんなエンジョイな季節なはずなのに。

あ、そういえば。
学会発表の資格は得られそうです(笑)

学会員じゃないと発表できないんですが、
今まで入会をしぶってたんです(笑)
私がしぶってたんじゃないですよ?!
M助手の意向です!!ここ大事です。

研究室の会計の都合で、時間的に悠長なこと言ってられなくなり、
「じゃあ、入会申し込みしちゃおうか!」といまさら言われて
メールにて申し込みをして、
”本日申込書をお送りします”というメールがきて

1時間後には机の上に。

何が起こったのかと思えば
何のことはない

いつまでも入会申し込みをしないspicaにしびれをきらした学会が
強制的に送りつけてきただけでした。


すれ違いばんざいです。

次の日、もう一つ申込書が送られてきました(笑)
で、それを見てびっくり。

”今度の研究発表会で講演をする人は
 「18年度入会」か「18年度後期入会」をしてください。
 18年度後期入会だと初回のみ会費が半額です。
 何も明記しない場合には、18年度入会とします。


初耳です。

危なくお金損するとこでした(研究室が)

いくら入会しぶってたからって、そんな仕打ちしないでください。

学会、恐るべし。
M助手が以前「まぁ、お金が入ってくればいいんだよ、向こうは」
と言っていた意味がよーくわかりました。

ちなみに、卒論発表が終わった日に
卒論の査読をM助手にお願いしたのですが、、、

次の日にはもう返却されてしまいました。

M助手、恐ろしい仕事の速さです。

同じく、M助手に査読をお願いしたT先輩は

その日のうちに戻ってくる始末。

解放感ゼロです。

・・・いいんです。
そんなM助手を尊敬します。

卒論が終わった日にEnglishの論文の話をしてくれちゃうM助手。
そんなクールなM助手が素敵だと思います。

これからもよろしくお願いいたします(涙)
スポンサーサイト

Comment

優秀なspicaさんを
編集
何もさせないままアイドリングさせておくなんて、
そんなひどいこと自分にはとてもできません。

そんなのわたくしには見ていられないのです。使命なのです。

しょうがないしょうがない。

実際、期待しているのですよ。頑張ってくださいな。
2007年02月10日(Sat) 21:21
>M助手
編集
ぬおー!
優秀なとか期待しているとか言われちゃうと
調子にのって頑張ってしまいます・・・!
・・・英語でさえなければ
調子に乗らなくてもノリノリで頑張っちゃうんですけどねぇ・・・。

最近、今後の進路についても考えてますが、
やっぱりネックは英語ですね。。。
どうしたものか・・・。

しょうがないしょうがない・・・って
2度言われると嘘っぽいですね、なん
だか。
でも2度言うのが強調してていいっていう
心理学的な話もありますし、どうなんでしょう?

M助手素敵素敵。

どうなんでしょうねぇ???
2007年02月10日(Sat) 23:29
M助手素敵素敵は…
編集
しょうがないしょうがないと
ニュアンスがさらに違いそうな…。

spicaさんは、進路は研究者志望なのでしょうか。

英語のつらさは…、みんな通る通過儀式みたいなものですね。
自分もどう書いていいのか全くわからなかったし。

もし、英語を使う進路に行くにしても、
あんまり今の時点での実力は関係ないと思われますので
まったく気にしないで平気です。

書き続けることさえできたら、
多分、1年くらいで、自覚できるくらい、
ものすごく上達すると思います。

とにかく英語で出して見るということが
すごくいいと思う理由の一つは、
自分の中で英語を書くべき理由が作れる。
というところなのです。

必要もないのに英語書いたりなんて
日常では絶対にしないからねぇ。
2007年02月11日(Sun) 23:47
>M助手
編集
ニュアンス違いますかねー。
まぁ、気にしない気にしない。

院推薦の面接の時期くらい(5月ですね、懐かしい)には、
公務員(とはいえ、研究に関係あるものですが)一直線だったのですが
最近、大学に残るのもいいなぁなんてずうずうしく思ったりしています。

英語の心配よりも専門知識の欠如を心配した方がいいと
言われてしまいそうですね・・・。

中途半端な気持ちで上に進むのは良くないなぁと思っているので
悩んでしまっています。

悩んでる暇があったら英語書いて
とりあえず英語の問題だけでも解決するって考え方もありますねぇ。

英語を書くべき理由、ですか。
確かに、そうでもしないと身につかないですね!
獅子の子育ては、やっぱいい手法なのかもですね。

ぜひ残ってくれ!と思われるくらいに
なるように頑張ります。
・・・とりあえず英語を。

・・・や、無理かな、英語は・・・

あの、んと、人並みになるように
頑張ります。。。
2007年02月12日(Mon) 00:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。