Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ 当たり前のことを当たり前に出来る大人になろうTOP未分類 ≫ 当たり前のことを当たり前に出来る大人になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

当たり前のことを当たり前に出来る大人になろう

研究室には電気ポットがあります。
いつでも暖かいお茶が飲めるのです。
(自分でお茶のティーパックとかを持ってこないとだめですが)

ポットのお湯がある一定量を切ったら、
そのとき使った人が責任を持って水を注ぎます。
で、沸くのに30分くらいかかります。

さて、今日spicaは夕方にお茶を飲みました。
お湯の残量が、ちょうどボーダーラインくらいになったので
水を注ごうとすると

M助教「あぁっ、お湯ないの?」

M助教が悲しそうな顔をして立っていました。

spica「いえ、一応1杯分くらいはありますよ?」

spicaがそう言うと、
M助教は嬉しそうにお茶を淹れ始めました。

spica「・・・じゃ、責任持ってお水たしといてくださいね」
M助教「う、はい。了解しました」

確かに彼はそう言いました。

数時間後。
spicaがスープを飲もうとポットの前に立つと

電気が消え、冷たく成り果てたポットが。

電源とつながってません・・・。
確かに水は入ってるけど・・・。

た、確かに水足しといてとしか言わなかったけど・・・。

実は、前にも同じようなことがあったのです。
そのときはM助教は自ら進んで水を足していたのですが、

電源入ってない+蓋が微妙に開いてる

というすさまじいことをやってくれたのです。

またかよ!!

温厚なspicaですが、
さすがに二度も同じことをやられて黙ってられません。

のんきに食事から戻ってきたM助教に
しこたまお説教をしてやりました。

M助教「うぅ、ごめんなさい・・・。
    すぐお湯が沸かせるように
    旅行用のコップ突っ込み型湯沸し器を買うので許してください


なぜ、またやらかす前提なんだ。
ポットのプラグをきちんと挿してくれさえすれば、そんなのいらないのに。


この人は反省してない、絶対・・・。

えー、皆さんは、
電気ポットのプラグは必ずつないでくださいねー。
当たり前のことだけど・・・。
スポンサーサイト

Comment

ミスを完全になくす
編集
ことを目指すだけでなく、
またミスをしたとしても
すぐに復旧できるように
保険をかけておく。

それこそが、リスク社会における大人のソリューションなのです。
それが、リスクマネージメントなのです。

それは深い反省の現れなのです。
2007年08月04日(Sat) 01:05
>M助教
編集
ふーん。
では、ミスを完全になくすことを目指しておられるのですねー。
期待しています。

深い反省の現れだったのですか・・・。それはそれは。
それなら早急に買ってくださいよ、湯沸し器。
できれば、やけどしないように沸騰したら自動で止まるやつがいいですねー。
よろしくー。
2007年08月04日(Sat) 01:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。