Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ いぢめられっこspicaTOP未分類 ≫ いぢめられっこspica

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

いぢめられっこspica

spicaが研究室の先生に博士進学宣言をしてからはや3ヶ月。
今や、研究室のみんながspicaが進学するという事実を知っている状態。

そんな中、今年も卒論修論の時期がやってきました。
うちの研究室では、卒修論生は博士以上の人がマンツーマンで査読されます。
学会に出す論文と比べて卒修論は長いので、結構大仕事。
(原因はそれ以外にもあると思いますが・・・)

今年も例に漏れず、めんどくせーなーという空気がただよっています。
ていうか、そういう会話が飛び交ってます。

Y助手「卒修論の査読担当どうしますー?」
ドクターN氏「あー、そんな時期か・・・。
       あれっ?

       spicaちゃんは来年度ドクターだっけ?

早すぎです。
まだM2ですよ、来年度。


Y助手「いや、博士0年だろ?」

いやいやいや、あの、まだ入学できるかわかんないですし。
というか、絶対嫌な仕事ばっかりまわすじゃないですか。
いぢめ?これ。

なんにせよ、卒論の査読なんてできるわけないじゃないですか。

来年度中、ずっとこんなんだったらどうしよう・・・。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。