Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ ポルトガル紀行~発表編~TOP旅の記録 ≫ ポルトガル紀行~発表編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ポルトガル紀行~発表編~

今回は会期の初日が発表日ということで、着いた次の日に発表です。
それでも、前日早めに着く飛行機だったので余裕ありますけど。

会場に行くまでに迷うかもしれなかったので、
早めにホテルを出発。

ちょっと道に迷ったけど、早めに到着。
会場は4つ星ホテルということだったけど、かなり豪華な感じ。
スペインで泊まってたのも4つ星だったけど、全然違う・・・。

spicaは一番最初のセッションでの発表だけれど、
3時間くらい時間がある。
本当なら雰囲気をんでおきたいところだけど、
spicaが発表するセッションより前には特殊なやつしかないので参考にならない。

とりあえず、ネームプレートやらなんやらを受け取る。
研究室の会計処理のために、参加費の領収書を受け取らなければならないのだけれど、
今回は最初から封筒に入れて用意されていた。楽チン。

M助教は今回もタダで忍び込む。
スペインのときは会議場を借り切っての会議だったけど、
今回はホテルの地下の部分だけを借りてやっていたので、
チェックが甘い。

というか、明らかに彼女を連れてきただけみたいな人とかもいる。
(研究者っぽくない、ネームプレートしてない)
ゆるい、ゆるいぞ。

学会で昼食が出るようだったけど、
もらったチケットではどうやっても1人分しかもらえなさそうだったので、
(スペインのでは、チケットをいつ使ってもよかったので使いまわせたが、
 今回は日付が入ってしまっていた)
ホテルの外の公園で軽食。

そもそも、ヨーロッパの会議にしては珍しく、
昼食の時間が午後のセッション直前の1時間しかとられていなかったので
spicaがその時間に食事をとることは無理っぽかったのでした。
準備とかあるし、直前に練習したかったので・・・。

早めに戻ってきて、会場前のベンチで待機。
事前の連絡で、spicaの発表するセッションの座長は博士課程の学生だということを知っていたので、
若い人を見かけ、あの人かなぁ。とM助教とささやきあう。
その人はうちの研究室の留学生のKに似ていたので、Kと呼ぶことに。

時間が近づいてきたので、会場に入ると

Kだ!!

どうやら、Kは本当に座長だったようです。
spicaがPCを接続するためにプロジェゥターに近づいていくと、Kが話しかけてきました。

・・・うわぁ、英語超聞き取りづらい。

spicaは確かに英語が苦手ですが、人によっては結構聞き取れることもあります。
でも、Kは無理。母国語の訛りが入ってるのかなぁ・・・。

不安に思いつつもセッション開始。

spicaは2番目の発表者なので、1番目の人のをぼんやり聞きます。

長ぇ!!

Kめ、さてはロクに時間計ってないな。
図ってても告知してないだけなのか・・・。
というか、告知するためのベルとか置いてないし。
どうなってるんだ、この学会は。

長い人が終わり、いよいよspicaの番に。

発表内容はほとんど丸暗記しているので、それを間違えずに出すだけ。
発表が始まり、ふとM助教の方を見ると

立ち上がってどこかに行こうとしています。

おいおいおい、どこ行くんだよ。

動揺するspica。一瞬口も止まります。
が、すぐに写真撮影のアングルを変えるために席を立ったのだと気付き、一安心。

その後は順調に暗記内容を放出し、いざ、質疑応答タイム。

Kに質問されると絶対に聞き取れないので、聴衆から質問がきてほしいところ。

一番前の聴衆から質問キター!!

この人はさっきの発表者のときも質問していました。熱心な人です。

なんとなく、聞き取れたものの、何を答えればいいのかわからない状態に。
(実際には提案っぽい内容だったようなので、
「確かにそれで良くなるかもです」とか言えばかわせたみたい。おしかった。)

その後、もう1人の聴衆からも質問が入る。
spicaの知らない専門用語を言われ、全く分からない状態になり、終了。

2人質問が来たので、Kが質問してくることもなく、それで終りました。

あぁ・・・
また、何も答えられなかった・・・。
しょんぼり。

その日はすぐホテルに帰り、ワイン少し飲んでお菓子食べて打ち上げ(自棄酒?)しました。
日本から持ってったお気に入りのお菓子、粉々だったけど・・・。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。