Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ ポルトガル紀行~ポルト観光編~TOP旅の記録 ≫ ポルトガル紀行~ポルト観光編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ポルトガル紀行~ポルト観光編~

発表も無事(?)終ったので、ワインの少し残ったからだを引きずりながらポルト観光へ。
当日は日曜日。「地球の歩き方」によれば、日曜日は14時までタダで入れる美術館があるそうな。
ということで、第一の目的地はその美術館「ソアーレス・ドス・レイス国立美術館」に決定。

これまた割と市街地のはずれにあるので、なかなか遠い。
ここには日本の屏風絵とかも置いてあるのですが、
基本はソアーレス・ドス・レイスさん(19世紀のポルトガルを代表する彫刻家らしい)の彫刻と、
ポルトガル現代作家の絵とかがありました。

「現代作家の絵」とか言うと、
去年のスペインでの『芸術的な』作品ばかりの美術館を思い出して悲しくなりますが、
ここにはそれほど芸術的なのは多くなかったので、安心。

次に行ったのは、「クリスタル宮庭園」。
美術館のすぐ側にある庭園です。
なんと、庭園内をクジャクがうろうろしてました。
P1010106.jpg
残念ながら発情してなかったので羽根は閉じてました。

「クリスタル宮庭園」という名前の割りに、
どこに宮殿とかがあったのかはわからず。

そういう意味じゃないのかな?

お次は「クレリゴス教会」へ。
ここは教会というよりその隣にある「クレリゴスの塔」が有名で、
高さ76mにしてポルトガルいちの高さなんだそうな。
上るとポルトの街を眺望できるとのことなので、上ることに。
76mというのは、だいたい25階建てくらいの高さ。
それを歩いて上るのは大変でした。

やっとのことで頂上について、辺りを見回すと・・・

もっと高そうなビルがいっぱい見えますけど。

どういうことなんでしょうか・・・。
地面の位置がここより高くて建物自体は大した高さではないとか?

ひとしきり悩んだあと、今度は76m下り。
上るのも大変でしたが、本当に大変なのは降りるときでした。
足がぷるぷるになりました。2日くらい、痛ててて。ってなってました。

塔を上って降りたらお昼時になったので、一旦ホテルに戻り、昼食。
再びハムサンドを作って食べる。
ハムサンドはなんと1人あたり1ユーロくらいで割と満腹になります。安いぜ。

昼ごはんの後、ドウロ川沿いの見物スポットへ。
ここポルトは有名なポートワインの産地(厳密にはちょっと違うけど)で、
川の向こうにはワイナリーが並んでいます。
今日は日曜日だからやってないかも。ということで
見ることができると分かっている
「エンリケ航海王子の家」
「サンフランシスコ教会」
「ボルサ宮」
へ。

「エンリケ航海王子の家」は、英語の説明書きがなくてほとんど何も分からず。
「サンフランシスコ教会」は地球の歩き方によれば内装が金ぴかだとのことだったけど、
実際にはそうでもなかったです。
「ボルサ宮」はガイドを付けないと中に入れないと言われ、
英語ガイドで他のお客さん達と団体さんになって見学。

これは、英語が分からないspicaには辛かったです。
みんなは分かることが、spicaには分からない。

ところどころしか聴き取れないですよ。
「ジャスティース・・・ジャッジ・・・アナザージャッジ・・・」
あ、そう。なんかよくわかんないけど。みたいな。
かなりゆっくり話してくれていたんですけどねぇ。
しくしく。

見物できる箇所は見終わったので、人で賑わう川沿いのベンチで休憩。

すると・・・

「あー・ゆー・じゃぱにーず?おあ・ちゃいにーず?」

怪しげなおじさんが声をかけてきました。

このおじさんは悪人なのか?spica達は騙されてしまうのか?!
待て次号!!
スポンサーサイト

Comment

かっこい~~~
編集
ポルトガルですかぁ。
海がらみ以外ではアメリカしか海外行ったことない私にとっては
ちょっと憧れてしまいます。

さて。
続きが気になる次号、楽しみにしてます!?
2008年08月28日(Thu) 21:42
>わっきぃさん
編集
私は逆にアメリカ行ったことないので行ってみたいです(*´∇`*)
近々ハワイに行かれるわっきぃさんが羨ましいです!!
(しかもプライベートで!)

次の記事、アップしました~~。
この旅一番の事件でしたヾ(;´▽`A``
2008年08月29日(Fri) 14:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。