Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ ポルトガル紀行~ポルト観光その2~TOP旅の記録 ≫ ポルトガル紀行~ポルト観光その2~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ポルトガル紀行~ポルト観光その2~

おじさん「あー・ゆー・じゃぱにーず?おあ・ちゃいにーず?」

怪しい。怪しすぎる。
どうする?逃げる?M助教。

M助教「・・・じゃぱにーず。」

真面目に答えちゃうんだ。

おじさん「(日本語で)ワタシ、スコシ、ニホンゴ、ハナセマス。
      こんにちわー、いただきますー、
      わたしのなまえは○*×※です(聞き取れず)。」

怪しさアップ!

その後、英語に切り替えて

おじさん「ワイナリーにはもう行ったかい?対岸にあるよ。」
M助教「あ、知ってます。今日はやってるんですか?」
おじさん「やってるよ。18時までだけどね」

現在時刻は17時過ぎ。行けそうな時間である。

なんなんだろう。
情報を教えてやったから金払えみたいなことかな・・・。

おじさん「ワイナリーはたくさんあるけど、CROFTってところがいいよ。
      ただで試飲ができるし。
      道順はこういって、こういって・・・。」

CROFTの回し者か?
実は試飲にも金がとられるのでは・・・。

おじさん「僕は日本に文通相手がいてね。日本語や日本のことを教えてもらってるんだよ。
      京都は首都だったんだろ?」
M助教「そうです。昔のことですけど。」
おじさん「日本ではポルトガル語は学ばないんだろう?

      簡単だよ?
      こっちではあそこで走ってる子どもだって話してるんだ。


そりゃぁねぇ。

M助教「それじゃぁ、僕達そろそろ行きます。
     色々教えてくれてありがとう。」

おじさん「いやいや。なんのなんの。君の名前はなんていうんだい?」

やべっ、こっち見てるよ・・・。
先にM助教に聞いてくれればいのに・・・。

spica「あー、・・・リサ!」

(注:spicaの本名はリサではありません)

おじさん「おー、リーザリーザってこっちにもいる名前だね」
spica「いえーす、あいのー。(リーザは日本にはいないけどな!)」

おじさん「君は、なんていうんだい?」
M助教「あー・・・タロウ!」

(注:M助教の本名はタロウではありません)

タロウって!
偽名としてのセンスが感じられない。

おじさん「おー。タルー!」
M助教「のーのー、タロウ
おじさん「イエス、タルー。」
M助教「タロウ!」
おじさん「タルー!!」

M助教「・・・イエス、タルー。

諦めちゃったよ、この人。

おじさん「シーユー、リーザ・アンド・タルー
M助教「バーイ」

その後、おじさんに教えてもらった通りの道でCROFTに行き、
言われたようにタダで試飲しました。
2007年の白。
spicaはワインは苦手ですが、これは美味しかった!
口に残る後味が爽やかな果物っぽい感じで。

あのおじさん、ただのいい人だったんだな。
名前聞き取れなかったけど。
日本人と話してみたかっただけだったんだな。

そういえば、どっかのwebサイトにも、ポルトガル人は人懐っこいとか書いてあったっけ。

疑って悪かったよ。偽名まで使って。
許しておくれ。日本人はチキンだからさ。
スポンサーサイト

Comment

編集
ちょ・・・(笑)

すげい今、ミュソッフを思い出した。

オー!リーサ~~

咄嗟に出る名前ってあるよね、うん。
2008年09月01日(Mon) 00:43
>オオカミ
編集
とっさに出たというよりは、
純日本風の名前だと聞き返されたりして面倒そうなので、
海外にもいるような名前にしようと思ったんだけどねー。
結局間違われたけど。
2008年09月02日(Tue) 16:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。