Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ イタリア旅行記①TOP旅の記録 ≫ イタリア旅行記①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イタリア旅行記①

7月5日

台湾から帰ってから約1ヶ月後。
spicaはまた成田空港に向かっていた。

いざイタリアへ。
目的はもちろん学会発表でござい。
そうでもなきゃ行けません。
ヨーロッパ、高いんだもん。

以前に記事に書いたとおり、乗るのはエールフランス夜便。
21時55分成田発。
前にスペインに行ったときと同じ便ですね。
前回に起きたことをおさらいすると、

空港が閑散
北ウィングと南ウィングを間違え、出国手続きをしてから異様に歩く。
・飛行機の中で水をこぼされる
・パリの入国審査官(ハンコおす人)がものすごく冷たい

といった感じであまりいい思い出がありません。
よかったのは、夜便だからよく眠れたことでしょうか。
あと、向こうに着くのが午前中だったりするので、時間が有効に使えること。

今回も、時間を有効に使うために夜便をチョイスしたわけです。
せっかくイタリア行くわけですし。

前回のときは、M助教とは空港に向かうよりも早い時間に別場所で落ち合わせ、
そのまま一緒に空港に向かったのですが、
今回は恋人氏と日暮里にて集合。
イブニングライナー(京成スカイライナーの夜版)の時間に合わせて待ち合わせです。

早めについたspicaはいつものように待合室へ向かう。
まだ時間もあるし、両替もしときたいなぁ。

そんなspicaの前に立ちふさがるドア。
あれー?おかしいな、自動ドアのはずなのに。

待合室はスカイライナー最終便までの間営業します

・・・。
イブニングライナーは、スカイライナーに含まれないんですね・・・。

朝のモーニングライナーの時間には開いてたのに。

仕方が無いので、待合室の前で恋人氏をぽつんと待つ。
しばらくして恋人氏と合流し、空港へ。
イブニングライナー、すかすかです。
また空港は閑散としているのかなぁ。
夜7時くらいなので、徐々に外も暗くなっていきます。

出発なのに、なんだかもう終わってしまうような気分です。

日が暮れたから帰るよ。という気分になりつつ空港に到着。
やはり閑散とした空港でチェックインをすませる。

以前に同じ便乗ったときはe-チケットじゃなかったんですが、
今回はe-チケットでした。しかも機械でちゃちゃっとできるタイプ。
進化してますねー。
座席の指定も画面見ながら自分でできて便利。
きちんと、同行者の分も一緒に処理できるのがgoodです。
座席は、デフォルトだと窓際になっていたので、
後ろの方の2人座席をチョイス。
横に座る人のことを考えなくていいので楽ちんです。
こんな席があったとは。

チェックインをすませ、時間もあるので夜ご飯。
恋人氏は機内食が食べられないので、ある程度腹を満たしておく必要があるのです。

前回台湾に行くときに食べただし茶漬けをまた食べたかったので、
量が少ないとしぶる恋人氏を引っ張ってだし茶漬け屋へ。

相変わらず美味しいです。
前回とは違うのを注文しましたが、やっぱりだしがいい感じなので、美味しいんですよね。

だし茶漬けも食べ終わり、出発ゲートの前で待機。
ゲートをくぐるときに飲み物を捨てていかなければならないので、
ぎりぎりまでここで待機です。
待機しながら、何気なく出発の時刻表を見る。

20:55 ユナイテッド航空 ホノルル行き
21:00 ノースウェスト航空 ホノルル行き
21:55 エールフランス航空 パリ行き

ホノルルに行きすぎだろう。
いや、それよりも。
なぜ前の便から55分も空いているんだ。
そりゃ空港も閑散とするよ。
(空いている理由は、パリ着の現地時間が早すぎてしまうからだと思われますが)

どんどん閑散としていくチェックイン窓口を背に、ひたすら時間の経過を待つ。
しかし、このあたりには人がいないなぁ。本当にパリ行き飛ぶのかよ。
乗客いるのかよ。
と思いつつ、時間が迫ってきたので出発ゲートをくぐり、搭乗ゲート前に向かう。

結構いた。乗客。

そこそこ混んでいました。
なんでみんなそんなに早くゲート前に行っちゃうのやら。
何もないのに。

搭乗もぎりぎりにしようと思っていたら、異様に早くFinal callがかかったので
しぶしぶ搭乗。
空港の人、早く仕事終わりたいのかなぁ・・・。

飛行機に乗り込むと、アナウンスが。

「ただいま機体に燃料を注入しております。
 安全のため、シートベルトは締めずにお待ちください

初めて聞いたよ、シートベルト締めるななんて。
ていうか、危ないの、今。
乗せていいの、今。
つーか、落ちるの、これ。
エールフランスだし。

と、不安にかられましたが、無事に飛び立ちました。
今回はフランス人と思われるアテンダントさんもにこやかです。
再教育されたのかしら。水かけたら謝りなさいとか。
そこそこな機内食をほどほどに食べ、(台湾の教訓を生かしてます)
さて寝るか。と思ったら・・・

寝づらい・・・。

後ろのほうの2人席は、窓際の席の窓側のスペースが無駄に空いています。
(すごく分かりづらいですが・・)
窓側の壁に寄りかかることができないわけです。
すげー寝づらいよ。困った。

横で首にあてるタイプのまくらで爆睡しする恋人氏をうらめしげに見つつ、
首をおかしい角度にしたまま眠りにつくspicaでした。

次回へ続く。
スポンサーサイト

Comment

NO TITLE
編集
出し茶漬け、旨そうだな!どこにあるのよ、それ!

そして安全のためシートベルトをつけるなって・・・

しくじったらすぐ逃げられるようにしといてね、ってことなのかしら?
2009年07月25日(Sat) 11:57
>オオカミ
編集
そういうことみたいねー。
燃料入れるのにしくじるとか、どうなんだという気分。

だし茶漬けは第一ターミナルのレストランフロアにございますー。
ちなみに大学の(旧)最寄駅のあたりにもあるらしいよん。
2009年07月26日(Sun) 16:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。