Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ イタリア旅行記④TOP旅の記録 ≫ イタリア旅行記④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イタリア旅行記④

7月7日

綺麗めのホテルでぐっすりと寝て、
さて、イタリア2日目。
外はあいにくの雨。しかも結構大雨。

ホテルは朝食付きだったので、朝食タイムが始まってすぐ食堂へ。
アメリカン式の朝食ということだったので、どんなんなのかなーと思っていたら、

サラミ
ハム
ウインナー


肉肉肉。

肉だらけやないかい!

いや、spicaは肉好きですよ。
でも、そんなに肉だらけにしなくたっていいじゃない。

台湾の朝食はよかったなぁ。ビーフン美味しかったし。

あまりの肉っぷりにしょんぼりしすぎて紅茶に砂糖を入れ忘れたりしました。
道理で美味しくないと思ったよ。
さらにあまりにしょんぼりしすぎて洋ナシを桃だと思って食べ続けていました。
道理で食感が違うと思ったよ。なんかさくさくして。

いろいろなことにショックを受けながら行動開始。

今日は一日暇なので、時間のかかりそうな美術館を見てしまうことに。
美術館までは直線距離で2kmくらいあるので、これまたメトロを利用することに。

豪雨の中、昨日と同じように中央駅まで来ると、どうも様子がおかしい。
傘を売る怪しい人。ま、それは普通。イタリアですし。
メトロの入り口(地下に降りるエスカレーター)が封鎖されています。
ちょっと地下のほうを覗いてみると、

浸水。

床に水がなみなみと。


どんだけ雨に弱いんですか、この駅。


困った。さすがに豪雨の中2km歩くのはしんどい。
タクシーは高そうだし・・・。

きょろきょろしていて、別のメトロ入り口を発見。
こちらはなぜか封鎖されていない。
降りてみても浸水はしてない模様。
あの通路だけが浸水してたのか・・・。

電車が無事に走ってるのかどうか不安になりましたが、きちんと走っていました。

というわけで無事に『ブレラ絵画館』に到着。
宗教画で有名なやつがいくつかある絵画館です。
それほど興味ないのですが、地球の歩き方で3つ星だったので・・・。
なんか工事中でした。外装が。
一応一通り見て、次へ。

の前に、お腹が空いたのでお昼ご飯。

歩き方によれば、次の目的地までの通り道にご飯やさんがある模様。
そこに寄ってから行くことに。

が、どうやらその店がない
・・・つぶれたのか。

仕方ないので、通り道上にはないものの、近くにあるパンツェロッティのお店へ。
パンツェロッティは日本でも結構取り上げられてるらしいです。
昼ごはんというほどのボリュームではないですが、
とりあえずお腹が少し膨れたので次の目的地『ポルディ・ペッツォーリ美術館』へ。
ここはイタリア人の人気投票で1位をとるような美術館だそうな。

でも・・・

中は普通でした。

ボッティチェッリのちょっと有名な絵があったりとかしました。
はい、次。

パンツェロッティで膨れたお腹がまた空いてきたので、
今度こそばっちりお昼ご飯を食べることに。

せっかくイタリアに来たので本場でパスタを食べてみたいspica。
一度だけでいいんです。日本のがいいってきっと思うから。

でも、
高すぎる・・・。
パスタが15ユーロとかします。
日本で15ユーロも出したら、
パスタだけじゃなくてサラダとクリームソーダとデザートが付いてきますよ!
(経験談)

高すぎて意気消沈し、
仕方ないんで量り売りみたいな安いとこで済ますことに。
一応、ニョッキとラビオリなのでパスタ。
味はやはりいまいち。
もうパスタはいいや。という気分になれました。ある意味よかった。
安上がりな人間です。

腹は膨れたので、次の目的地へ。
『アンブロジアーナ絵画館』。
こちらは通には大人気。
ダヴィンチ関連の展示がいくつかあったり、ラファエッロの絵の下絵があったり。
ダヴィンチのウィトルウィウス的人体図があるという噂があったのですが、なかったです。
絵画館のスタッフの人何人かに聞いてみたところ、
あるという人とないという人がいたりして大混乱。


夕方になってきたので、ささっと見れる教会をいくつか。
『サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会』
『サンテウストルジョ教会』
『サンタ・マリア・プレッソ・サン・チェルソ教会』
をまとめて消化。
特に信仰がないので、
うん。教会だね。
という感じ。

夜ご飯はまた日本からの食料。
この味が1ユーロしないくらいかー。と感慨深く思う。

シャワーを浴びて、昨日のように恋人氏の部屋に行くも入れず。
ノックしまくるも、何の応答もなし。
寝てやがる、絶対。
ドアの前でぽつんと立ちつくすspica。

僕、部屋で一人で寝ればいいのかな。

結局部屋に帰って内線かけて開けてもらいました。
叱り飛ばしてやりました。

次回、早くも発表編~。
スポンサーサイト

Comment

NO TITLE
編集
ボッティチェッリのちょっと有名な絵があったりとかしました。
はい、次。

ここになんかspicaの全てが現れてるよね!
いや、きっと俺も同じ反応示すんだろうけど。
2009年08月09日(Sun) 22:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。