Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ イタリア旅行記⑨TOP旅の記録 ≫ イタリア旅行記⑨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イタリア旅行記⑨

7月11日 

いよいよイタリア最終日。
肉肉肉な朝食も食べ納め。
朝食を食べる前に、チェックアウト時間を遅らせる件についてフロントに問い合わせる。
もしものすごく高かったりしたら、無理ですからね。
1時間あたり12ユーロといわれる。ま、そんなものかな。

で、2時くらいまで部屋で過ごす。2人の荷物を置いているうえ、
広めだった部屋は水が流れないから引き払ってしまったのでちょっと狭い。
もったいないので昼間からリモンチェッロをちまちま飲む。

で、フロントでチェックアウト。12時が普通のチェックアウトだから、
2時間で24ユーロのはず。

フロントの人「OK. Now check out is finished. Bye.」

あれ。
追加料金は?

「No Extra charge.」

ないんだって。
なんでやねん。

さっき、あなたが言ったんですよね、12EUR per hourって。
ま、いいか。安く上がったし。

帰りは行き(リナーテ空港)と違ってマルペンサ空港から飛行機が出ます。
なんとも紛らわしい。絶対間違える人いそう。

出発の3時間前くらいに到着し、チェックイン。
なんと帰りも機械でできました。おぉー。海外では結構窓口なのに。
が、パリから成田までの座席が通路側にできないというトラブルが発生。
こんなに早いのに・・・。
ちょくちょくトイレに立つ恋人氏はかなり不満そう。

とりあえず、あとでもう一度パリで聞いてみるかね。ということに。

お土産を買ったりしてしばし空港で時間をつぶし、いよいよ離陸。
ミラノからパリまでは行きと同じように1時間半ほど。
なんだかすかすかです。快適かも。

と思ったけど、これが結構な揺れ。
ぐわんぐわん。
あぁ、もう死ぬ。。。落ちる。。。という気分に。
頑張って寝ようとしてみたりしましたが、無理でした。

すっかり気持ち悪くなってしまいつつパリに到着。

恋人氏はお腹が空いたと駄々をこね始めました。
どうやら、マレーシアに行ったときに同行者の女の子と食べた
ケンタッキーが恋しくなってしまったようです。

ふざけやがって。
spicaとは一緒にケンタッキー食べてくれないくせに。

パリの空港にはケンタッキーは無かったので、
仕方なくサンドイッチを購入し、飛行機を待つ。

パリにて座席について何度か確認するも、
やはり通路側は空いていない模様。

ほんとかよー。
そんなに混んでんのかよー。

と思いましたが、乗ってみてびっくり。

まじ空席ない。
ミラノを出る3時間前に本当に埋まっていたのかは不明ですが、
ぎゅうぎゅう詰めです。
重すぎて落ちないかしら。どきどき。

通路側が確保できなかったので、
トイレが近くないspicaはなるべくトイレには行かない方針で。
エコノミー症候群は体制を変えることで予防。

我慢できない恋人氏はちょくちょくトイレに立つ。

あ、またかぁ。

え、また?

・・・なんか帰ってこない。

しばしして、帰ってきていわく
「・・・気持ち悪い」

あらら。
前回の台湾の帰りのspicaに引き続き、
今度は恋人氏がダウンです。
恋人氏いわく、「トマトジュースを飲むと治る」
とのことで、トマトジュースをもらうも、依然治らず。

結局spicaは成田に着くまで一度も席を立たずにすみました。
恋人氏は、前回のspicaのように荷物受け取りの近くの席でぐったり。
荷物を取る気力すらなかったようです。
別に機内食たくさん食べたわけじゃないのにねぇ。

というわけで、
ミラノの旅でしたー。

次回から通常更新!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。