Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ オーストリア旅行記⑧TOP旅の記録 ≫ オーストリア旅行記⑧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

オーストリア旅行記⑧

9月18日 会期最終日

恋人氏の発表は14時からのセッション。
それまで時間はあるのだけど、もう観光するべきものはしてしまった。
暇だ。
まさかの暇。
仕方ないので、遅く起きてだらだらしよう。と思ったのに、
なぜか早く起きてしまい、ますます暇に。

早く会場に行ってもいいんですけど、
PCルームと発表会場しか居られる場所がないのでいづらいのですよ。

午前中は部屋でだらだらし、
昼になったので昼食がてら会場に。
昼食は12時50分からとプログラムには書いてあるのだけれど、
行ってみたら食えるのでは、と思い、ランチ会場へ行くと・・・

学食でした。

しかも、朝から夕方まで開いているらしい。
なんだ・・・。初日も来ればよかったな。
時間合わせるの面倒だからサンドイッチにしたのに。

学食ではありましたが、
歩き方に載ってるようなメニューもあったので、適当にチョイス。
オーストリアの人は結構聞き取りやすい英語で話すので、
spicaにも説明が聞き取れます。
野菜の苦手なspicaは、ベジタリアーンと言われたメニューにはNo thank youして、
無事に注文終了。着席。

席に着くと、先に着いていた恋人氏の皿には
ベジタリアーンなメニューが。
恋人氏は野菜食べるし、ま、いいか。
と思っていたのですが・・・。

「あぁ、これセロリ入ってる・・・。
 カリフラワーも入ってるよ・・・。全然食えん。」

苦手な野菜がピンポイントで入っていたのでした。

それベジタリアーンって言われたじゃない。と指摘すると、

「俺には英語の説明は無かったよ・・・。
 聞いていれば選ばなかったのに・・・。」

後ろに並んだほうが得だということがよく分かりました。

さらに、スープも恋人氏には苦手な味だと言うので
spicaが飲み干し、デザートのケーキももらって満腹。

さぁ、帰ってお昼寝しようか。って気分

そうもいくまい。と恋人氏のセッションの時間までPCルームで時間をつぶすことに。
PCルームでdebianを起動し、メールチェックする恋人氏。
なにやら慌てている様子。

「あぁー、業者さんから急ぎのメールが来てる。。。
 この人英語たぶん分からないから日本語で返事書きたいけど、
 ここのPCからじゃ書けない・・・。」

かわいそうなので携帯で書いてメールしてあげました。
便利な世の中ですねぇ。

まぁ、本当に便利なら、無線LANが使えるわけですが。

そうこうしているうちにセッション開始。
座長さんはバックトゥザフュチャーのドクに似たおじいさん。

1人目の発表者の共著者でもある模様。
恋人氏は3人目の発表者。

なのですが、突然前に呼ばれる恋人氏。
ま、まだじゃないの?

おろおろする恋人氏に発表を促す座長さん。
仕方ないので発表を始めようとすると・・・

「おぉ!君、1人目じゃないね!」

遅いわ!!

おろおろした時点で気づいてほしい。
ていうか、あなたの共著のやつがトップだって気づいてほしい。

大丈夫なのか、この人は。

次回へ続く。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。