Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ オーストリア旅行記⑩TOP旅の記録 ≫ オーストリア旅行記⑩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

オーストリア旅行記⑩

9月19日 出国

楽しかったオーストリアの旅も最終日。
虫に襲われたりはしたものの、治安もよくてよかった。
前回行ったのがイタリアだったからよりそう感じるのかもしれないけど。

ばっちり早起きして、最後の朝食を済ませ、早めにチェックアウト。
来た日にバスを降りたロータリーに出て、バスを探す。
飛行機の絵が描いてあり、エアポートとか書いてあるバスを発見。
が、運転手がいない。もぬけの殻。

どうやら、まだ出発しないので、うろうろしている模様。
しばらく待っていると、タバコを片手に運転手が戻ってきた。
一応空港に行くのかを運転手に聞いてみると、行くぜ。とのこと。
乗車して待っていると、数人が乗り込んできて、発車。

行きのときは夜中だったし、初めて見る町並みだったから
あまりよく覚えていない。
でも、歩き方に書いてあるとおりの20分くらいで着いたような感触。

出発したバスは、新市街のほうへ。
なんとなく空港は北のほうにあるイメージだったけど、
どうやら南にあるらしい。

しばし走って、なぜか急に動きが遅くなった。
なにやらデモ行進みたいなのがやっていて、すべての車が立ち往生しているよう。
土曜日だと、こんな弊害が・・・。

現地の人はデモ隊を指差して何か会話をしているけど、
当然spicaには分からない。
わざわざ聞くほどのことでもないしなぁ。
「あれは何ですか」くらいはドイツ語で言えるけど、
ドイツ語で返されてしまっては何も分からないし。
(いや、おとなしく英語で聞けばいいのだけど)

しばらく停車して、ようやく発車。
結構時間をロスしてしまった。
でもまぁ、早めに出てきてるし、大丈夫。

バスは新市街を抜けて旧市街へ。
こんなところ通ってたのか。
暗かったせいで、全く覚えていない。
あるいは、行きとは別の道を通っているのかも。
(ザルツブルクは一方通行が多いので、バスはしばしば同じ路線でも違う道を通るらしい)

旧市街を抜け、景色がどんどん田舎っぽくなってきた。
人通りもまばら。
細い道を入っていくことも。

・・・なんだか不安になってきた。
空港行きだってのに、妙に乗客が少ないし、
誰も大きな荷物を持っていない。

運転手に聞いても仕方ないし、
こんな田舎で降りてもどこにも動けない。
このまま乗っているしかない。

20分ほどで空港に着くはずが、すでに40分くらい経過。
こ、怖い。
まさか最後にこんなにおびえるはめになるとは。
どこ向かってんだ。
途中で「あっちがインスブルック」みたいな看板も見たし、
実はザルツブルクではないところの空港に向かってるのでは・・・。

そう思っていたとき。

spica「あっ!あの看板!
    行きのときに見た!!!」

空港付近で見た看板が、目の前に。
その数分後、無事に空港に着きました。
よかった~~。

空港には2時間半くらい前に着くはずだったのに、
もう2時間をきっている。
なんでこんなにかかったんだろう。

急いでチェックインカウンターに向かう。
が、誰もいない。
まさか、もう手続きが終わっちゃったのか・・・?

いや、それはさすがにないだろう。
まだ1時間半以上あるっているのに。

インフォメーションで聞いたところ、
「まだ始まっていない」とのこと。
なんだよぅ。急いで損した。
ザルツブルク-ウィーンは国内線だから、
そんなに余裕をもって手続きやらなくてもいいみたいでした。

チェックインが始まるまで、だらだら待つspica達。

次回へ続く。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。