Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ どきっとした出来事TOP未分類 ≫ どきっとした出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

どきっとした出来事

大学では、与えられた予算で物を購入する際は適切な処理をしないといけません。
ものを買ったよ、ということをきちんと認めてもらうために、「検収」っていうのを通して、
その後、お金の処理をしてもらうために会計箇所に書類を出します。
(ただし物品の値段や予算の種類、はては大学によって処理は異なる)

ということで、予算を使う立場の者としては
「検収箇所」と「会計箇所」は大変怖い存在なのです。

さて、先日spicaが昼ごはんから帰ってくると、
机の上に学内便が。
見ると、差出人は検収箇所。

血の気がひくspica。

な、何かやらかしたか・・・?

びくびくしながら中身を見てみると、
何のことはない。
先日GETした予算を使うときに使う番号とかの通知でした。

あぁ、びっくりした・・・。

よくよく考えると、何かやらかした場合はたぶん電話で怒鳴りつけられるので、
わざわざ時間かかる郵便で来るのは怖がる必要ないんですよね。

最近は研究が少し進んだのでばりばり執筆モードに入っています。

この連休の時期に執筆モード。
それは、
休みなどないということを意味しているのであります。

あぁぁ。
もう少し早く実験結果がでればよかったのに・・・。

もともと、連休後半は予定が入りまくりで休みあんまりなかったんですけどねぇ。
がんばって論文通して出張行くぞー。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。