Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ バレンシア旅行記⑦TOP旅の記録 ≫ バレンシア旅行記⑦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

バレンシア旅行記⑦

さて、いよいよ帰国日です。

そこそこ早く目が覚めたので、火祭り博物館へ行くことに。
やっぱり見残してるものがあると気持ち悪いですからね。

バスで行けるとのことで、歩き方に載ってる番号のバスに乗って向かう。

・・・あれ??
この道、すごく通ったことのあるような・・・。

乗るときに運転手さんに「火祭り博物館に行きますか?」と聞いたので、
火祭り博物館に着いたときに教えてくれて降りたのですが・・・

芸術・科学都市の目の前でやんの。

うーん。少し時間あったし、まとめて行ってしまうべきだったなぁ。

気をとり直して見物へ。
火祭りで使われた張り子の人形のうち、各年の最優秀賞をとったやつが飾ってあります。

なんか、毎年1年くらいかけて構想を練って作るらしいですよ。バレンシアの人々は。

毎年増えちゃうから場所とかどうするんだろうと思いながら見ていくと、
人形は2階までしか置いてないのに建物にはさらに上層があるもよう。
なるほど。まだまだ置けそうです。

ただ張り子が置いてあるだけなので、さくさく1時間ほどで見終わりました。
あぁ、ますます芸術・科学都市のときに行っておくべきだった・・・。
そしたらホテルでゆっくりできたのに!!

その後、昼ごはんを食べ、空港に向かい、
何事もなく帰国したのでした。

うーん。
あんまり印象に残らない街だったなぁ。
(バス捕まえるのに苦労したくらいかな?)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。