Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ 俺の先生がこんなに擬態語なわけがないTOP未分類 ≫ 俺の先生がこんなに擬態語なわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

俺の先生がこんなに擬態語なわけがない

博士論文発表にむけて、発表のスライドを作ったり、書類書いたり忙しいspica。
そんなspicaに忙しい先生が珍しく話しかけてきました。

先生「spicaさん!論文の草稿なんだけど、
   パッと見てサッと直してパッと配って!

?!

先生との付き合いももう6年目ですが・・・
さすがに何もわかりません。

その後詳しく説明してもらったところ、

先生がパッと見て、
spicaがサッと直して、
審査の先生方にパッと配る。

ということだったそう。

わかるか!!

審査の先生方にはもうすでに草稿をお渡ししているのだけれど、
直したやつを何度かお渡ししろとのこと。

初耳です。

え、そうなんですか。とか言ってるところに、
隣の研究室の博士論文書いてる人がやってきました。

「先生、博士論文のほう、もう少し真面目に書いたものをお持ちしましたぁ」

・・・なるほど。こうしろということか。
タイミング良すぎだぜ。謀ったのか。

って、もう少し真面目に書いたものって・・・どうなの・・・。

うちの先生はいいけど、他の先生にもそう言って渡してるんだろか・・・。
もう、その時点で学位とれなくなりそうですよ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。