Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ ロシア渡航覚書③いざカタール航空TOP旅の記録 ≫ ロシア渡航覚書③いざカタール航空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ロシア渡航覚書③いざカタール航空

チェックインもまだできず、とても暇なspica達。
幸いネットは使えるので
ちょっとPCで調べ物でもしよう。

突然使うことになったカタール航空。
どんな航空会社なのか?
そもそもカタールはどんな国なのか?
というかどこにあるのか?

調べましたよ。

カタール航空って
すごく評判いいのね!

なんか賞をとったり、空の5つ星ホテルみたいな異名があったり。
知らなかったヨー。

そしてカタール。
豚とお酒は禁止の国ですね。

場所は・・・
うん、あのへん(説明するの諦めた)。

ご飯を食べたり、ネットしたりしていたら
チェックインできる時間が近づいてきたのでカタール航空のカウンターへ。

なにせまだ座席が確保できていないからね。
早めに行かないとバラバラになっちゃう。
英語が苦手なspicaにはそれはきついのです。

で、待つことしばし。
カウンターオープン!

でかでかとキャセイパシフィックのロゴが入ったe-チケットを差し出す。
「これ、ここじゃないっすよ」
なんて言われたらどうしようとか思っていたけど、とりあえずそれは杞憂。

カウンターに居るのは研修中らしいお姉ちゃん。
いきなりこんなイレギュラーな客が来て、かなりテンパッている。
・・・ごめんよぅ・・・。
ベテランの人っぽい人が来て、なんかいろいろ操作。
ベテランの人がきてもなんか戸惑っている模様。
どんどん混んでいくエコノミークラスの待機列。
(2列あったけど、もう1列もなんかトラブってた)
・・・すんません・・・
すべてはThundestormがいけないのだ・・・。

しばらく待って、
ようやく搭乗券らしいものが出てくる。

見ると、乗り継ぎ便(カタール-モスクワ)の座席が埋まっていない。
この座席をとろうとしてトラブってたらしい。
どうやら、まだこの便の座席はおさえられないみたい。

その代わり、ではないのだけど
成田-カタールは非常口前の座席(他の座席より足元が広い)
がとれました。とのこと。

無駄に図体のでかい旦那氏、大喜び。

カタール-モスクワのことは気になるけど、
そっちは短めのフライトだし、まぁいいでしょう。

こうしてウキウキ気分で搭乗時間を待つ2人なのでありました。

つづくー。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。