Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。
TOPスポンサー広告 ≫ 個性の出る心理テストTOPバイト ≫ 個性の出る心理テスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

個性の出る心理テスト

チョコを渡してから3日後。
バイトに行くためにいつもと同じ電車に乗りました。
・・・いや、あんまり意味ないですよ?
確信犯とかじゃないですよ?

運転手が下手でも、ちゃんと
主任に見つけてもらえる位置に
わざわざ乗ったりしてないですよ??


だってそんなことしたら
見たくない光景も見ざるをえなくなっちゃうじゃないの~。

まぁ、結果としては見なくてすんだわけですが。

はい。
今日も主任は一人で電車に乗ってきましたよ。

策略の末、見つけてもらいました(笑)
視線を感じたのかなぁ・・・ははは。

とにかく、spicaを発見した主任は
spicaに近づいてきてくれました。

雨が降っていたせいか、髪が乱れていた主任に
「お疲れですか?」と声をかけたりしつつ
他愛もない話をしました。

でも、どーしても聞いてみたいことがあったんですよ。
どーしても!!

こんなこと聞くのも微妙だなぁと思いつつ、聞いてしまいました。

spica「主任は・・・心理テストとかって嫌いですか?」
主任「?いや、別に嫌いじゃないけど・・・」
spica「じゃぁ、ちょっと考えてみてほしいのがあるんですけど
    いいですか??」
主任「はい」

spica「『私』『うさぎ』『鍵』『橋』を使って文章をつくってください」

(みなさんも考えてみてくださいね)

主任「んん~?難しいなぁ・・・」
spica「そんなに難しく考えなくていいんですよぉ」
主任「うん・・・軽くね、軽く・・・」

3分経過。

悩みすぎです、主任。

主任「ん~とね・・・
   『橋を渡ってうさぎが私の家に遊びに来たので
    逃げないように鍵をかけました』・・・かな」

spica、大満足。

spica「ほほ~。個性が出ますねぇ。
    実はこれ
    うさぎ→恋人の象徴
    鍵→愛の象徴
    橋→人生の象徴
    っていうふうに読めるんですよ」

主任「ふむ」
spica「すなわち、主任は
   
   『ちょっとでも俺の心に入った女は愛でがんじがらめに
     して逃げ出せないようにしてやるぜ!』

    っていう恋愛観なわけですね」
主任「・・・橋、関係ないね」
spica「そうですねぇ」

主任は恋人に対しては結構執着するタイプなのかも?!

みなさんはどうでしたか?

ちなみに私は
『橋の真ん中でうさぎが鍵を護ってて、
 それをどうにかして手に入れて
 橋を渡ってその先の扉を開けなくちゃいけない』
と考えました。
すなわち
『人生において重要なのは愛であるが
 好きになった相手からどのような手段を用いてでも
 好きになってもらい、人生を謳歌しよう!』
とでもいえるでしょうか。

・・・怖いな、私。
で、でもでも!!
主任も怖いですよねぇ。。。束縛系??
スポンサーサイト

Comment

編集
オオカミのブログでは
「それをどうにかして手に入れて」

「それをって」
になってたよーな気がするけどなぁ?
spicaはホームでは主任に恋焦がれる乙女を演じますか?
2006年02月22日(Wed) 02:46
編集
>オオカミ
違うのだよ、オオカミくん。
もし、相手が自ら愛を渡してくれればそれでいいとです。
わざわざ奪うまでもないでしょ?

どうにかして手に入れる⊃奪う

という図式になっております。
一般化してみたのです。納得できまして?
2006年02月22日(Wed) 13:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。