Loud speaker,think aloud~spicaのひとりごと~

元・音響研究娘の日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ロシア渡航覚書③いざカタール航空

チェックインもまだできず、とても暇なspica達。
幸いネットは使えるので
ちょっとPCで調べ物でもしよう。

突然使うことになったカタール航空。
どんな航空会社なのか?
そもそもカタールはどんな国なのか?
というかどこにあるのか?

調べましたよ。

カタール航空って
すごく評判いいのね!

なんか賞をとったり、空の5つ星ホテルみたいな異名があったり。
知らなかったヨー。

そしてカタール。
豚とお酒は禁止の国ですね。

場所は・・・
うん、あのへん(説明するの諦めた)。

ご飯を食べたり、ネットしたりしていたら
チェックインできる時間が近づいてきたのでカタール航空のカウンターへ。

なにせまだ座席が確保できていないからね。
早めに行かないとバラバラになっちゃう。
英語が苦手なspicaにはそれはきついのです。

で、待つことしばし。
カウンターオープン!

でかでかとキャセイパシフィックのロゴが入ったe-チケットを差し出す。
「これ、ここじゃないっすよ」
なんて言われたらどうしようとか思っていたけど、とりあえずそれは杞憂。

カウンターに居るのは研修中らしいお姉ちゃん。
いきなりこんなイレギュラーな客が来て、かなりテンパッている。
・・・ごめんよぅ・・・。
ベテランの人っぽい人が来て、なんかいろいろ操作。
ベテランの人がきてもなんか戸惑っている模様。
どんどん混んでいくエコノミークラスの待機列。
(2列あったけど、もう1列もなんかトラブってた)
・・・すんません・・・
すべてはThundestormがいけないのだ・・・。

しばらく待って、
ようやく搭乗券らしいものが出てくる。

見ると、乗り継ぎ便(カタール-モスクワ)の座席が埋まっていない。
この座席をとろうとしてトラブってたらしい。
どうやら、まだこの便の座席はおさえられないみたい。

その代わり、ではないのだけど
成田-カタールは非常口前の座席(他の座席より足元が広い)
がとれました。とのこと。

無駄に図体のでかい旦那氏、大喜び。

カタール-モスクワのことは気になるけど、
そっちは短めのフライトだし、まぁいいでしょう。

こうしてウキウキ気分で搭乗時間を待つ2人なのでありました。

つづくー。

ロシア渡航覚書②初香港からの、初カタール

Thunderstormフィーバーで飛行機が揺れ揺れになるんじゃないかと怯えつつ、
オンラインチェックインを済ませたspica。
(普段は空港でチェックインするのですが、今回は行きの座席が確保できていなかったので、
 確保するために早めにオンラインでチェックインしたのでした)

座席も通路・その隣の並びで確保できたし安心ねー。
と空港へ向かうspica一行。

正直、もうThunderstormのことは忘れていたよ。

そんなことよりも、
旅が近づいてきて地球の歩き方・ロシアを読んで得た知識

「ロシアはとにかく殴打される」(意訳)

が恐ろしくて恐ろしくて

もう行きたくない!
なんで行くって言ったんだろう?!


というモードに。

正直座席のことなんてどうでもいいよ!
どうせロシアで殴打されんだから!

しょんぼりしながら空港に向かっていると、
二人の携帯に一通のメールが。

旦那氏「あ、香港行きの便が50分遅れるって」

オンラインチェックイン時に携帯電話番号を登録したので、
フライト情報がSMSで送られてくるらしい。

なんだ~。
じゃあ早く着き過ぎちゃうね~。
空港で暇だわ~。

と、ぼやきつつ空港に着いたspica達。
チェックインも済んでいるのでさっそくカウンターで荷物を・・・

係員のお兄さん「大変申し訳ありません。

香港行きの便の機体がこっちに来てないんです・・・。

他社の便に振り替えさせていただきます」

えっ。

飛ばないわけじゃないけど振りかえるんだ・・・。
そうだよねぇ。

香港に用があるわけでもない人達に
Thunderstorm中の香港を経由させてもしょうがないもんねぇ。


手続きをして参ります、というお兄さんを
カウンターで突っ立ったまま待つことしばし。

お兄さん戻ってきた。

係員のお兄さん「カタール航空さんのこちらの便へ振り替えさせていただきました」
(e-チケットを差し出す)

カタール航空・・・!
今まで候補に挙げたことがなかったな・・・。

座席や荷物預ける手続きなどは、カタール航空のカウンターでやるとのことで、
キャセイパシフィックのカウンターとはここでお別れ。

渡されたe-チケットをよく見ると・・・

これ・・・もともと乗るはずだった便より4時間くらい後の便だ・・・。

ということは、
まだチェックインカウンター開いてね~~~~!!!

そして、到着がばっちり現地午後だ~~~!!!
意味ね~~~!!!
直行便で行けばよかったジャン!

そんなわけで、
でかい荷物を持ったまま空港で数時間過ごすことになったのでした。

ロシア渡航覚書①Thunderstormフィーバー☆

どうも、spicaです。
先日、旦那氏とちょっと北のほうに行ってきました。

北海道?

ノンノン。

です。

ロシアへは、
日本からJAL・アエロフロート系で直行便がありますが、

朝現地入りしたいspica達は、
キャセイパシフィックをチョイス。

キャセイパシフィック航空というのは
香港の航空会社でして。

すると当然
香港経由になるわけでして。

北へ行きたいのにまさかの南下。

いいんです。
朝現地入りしたいから。

とわきまえてチケットをとったものの、
渡航が近づくにつれて
直行便だと成田-モスクワが10時間程度なのに対し、
成田-香港が5時間くらい、香港-モスクワが10時間くらいかかるので、

何この無駄香港?!

って気分に。

まぁ、そんなこんなで渡航が明後日に近づいた日。

「搭乗48時間前なのでオンラインチェックインができます」
というメールを受け取ったspica。
そのメールには香港の天気予報が書いてあります。

きょう・・・Thunderstorm
あした・・・Thunderstorm
あさって・・・Thunderstorm

Thunderstorm・・・!

サンダーストームですってよ奥様!

やだ~。
飛行機揺れるんじゃないの~?

初めてのキャセイパシフィック、どうなる?!

次回へつづく!

ステップアップ TAIGAI・JUSEI

さて、新しい病院ですっきりさっぱり検査したspica。
造影の結果がダメダメだったのでTAIGAI・JUSEIに取り組まないといけません。
(他の手段もあるにはあるのですが)

TAIGAI・JUSEIといえば有名な高度治療ですね。
お金がー。
とか
毎日通うのがー。

みたいなあれ。

こちらについても、病院に行く前にいろいろと調べてみました。

すると

え・・・
これ、私受けられなくない?

またかよ!

TAIGAI・JUSEIにはざっくり大きく分けて2種類ありまして。
薬を使って一度にたくさん卵をとる(んで、その後数ヶ月休む)タイプと
自然に育った1つの卵を毎月のようにとるタイプ。

そのうち、薬を使ってたくさんとるほうだと、
卵をとるときにかなり痛いので
麻酔下で作業をすることが多いらしい。

この麻酔が、
喘息の人に悪いらしい。
またかー。

大学病院とかでなら、
何か起こった時にも対応できるのでやってくれるみたいですが、

そもそもspicaと旦那氏は薬たくさんはちょっとやだね。という考えなので、
薬なしのほうで!
ちょうどいいわ!!

ということで行ける病院も限られるようです。
(もともと行こうと思ってたとこが自然派でしたけどね)

喘息まじめんどくせーなーもー。
妊娠しても、リスク認定されるしね。

また検査が受けられないかも・・・だったこと

以前、卵管通水検査っていうやつを受けたspicaですが、
これ、じつは検査としてはやや不足気味なものなのです。
水を入れて圧力をかけて、抵抗を見るだけなので、
中がどうなってるのかはなんとなくしかわかんないんですね。

で、ちょっとレベル高くなるのが卵管造影検査ってやつ。
こちらは水じゃなくて造影剤ってのを流し込んで、
レントゲンで撮って視覚的に確認できます。

spicaが行っていた病院ではこの検査はできないので、
(ついでになかなか子供もできないので)
造影検査ができる新しい病院を探しました。

というか、もともと候補に入っていた別の病院でできるのですが、
駅から遠かったので、仕事をしている時期には通うのが微妙だったのです。

で、造影検査ができる病院に行くにあたって、
造影検査のことをもう少し詳しく調べてみた。

すると・・・

え。
これ私受けられなくない?

spicaは実は喘息持ち。
小さいころはずっと病院暮らしでした。

卵管造影検査は、喘息持ちの人には「要注意」だそう。
「禁忌」まではいかないけど、やるなら気ーつけてねって感じですね。

造影剤でアレルギーが出たり、
痛み止めの薬でも問題が起こることがあるそうな。

・・・え?

その薬、通水のときに使ったような・・・?

なんも起きなくてよかった。。。

新しく行く病院は総合病院なので、
何かあっても対応できそうだし大丈夫かなぁ。と思い、
えいやっと行ってきましたよ。
やらない方がいいって言われても食い下がってみようかと。

そしたら
普通に
「じゃあ週末にやりましょっか」
と言われました。

一応、喘息持ちでも大丈夫かと聞きましたが、
まったく関係ないわけではないけどたぶん大丈夫。
それよりもきちんと検査をした方がいいとのことで

めでたく検査してきました。

結果は・・・
かなりダメダメでして。

通水やったのもほとんど反映されてないようだなぁ・・・。

今のままのやり方では成果はほとんど望めないそうな。
ステップアップですかそうですか。。。
うすうす気づいてたよ!ふん!!

新しい病院、割と気に入ったのですが、
ここで治療を受けるのは無理そうです。。。
(高度治療はやってないので)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。